インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  デュフィ展  絵筆が奏でる 色彩のメロディー

デュフィ展  絵筆が奏でる 色彩のメロディー

■色彩の魔術師、その多彩な画業
【会期終了】 「生きる喜び」を描くと評された芸術家、ラウル・デュフィ。20世紀フランスを代表する画家、デュフィの画業を総覧する展覧会がBunkamura ザ・ミュージアムではじまりました。
デュフィは1877年生まれ。マティスとほぼ同じ時代を生き、ともにフランスで活躍した画家です。本展では年代順にデュフィの画業を追っていく4章構成です。

デュフィといえば鮮やかな色彩と軽やかなラインの作品がよく知られますが、第一章では、まだ独自のスタイルを探している時期の作品が並びます。モネ、ブーダンやマティス、そしてセザンヌに影響を受け、印象派、フォービスム、キュビスムなど、画風が様々に転換していく様子がよくわかります。


第1章 1900-1910年代 造形的革新のただなかで

デュフィは1910年頃に精力的に木版画を手掛けるようになり、モノクロの世界のなかで装飾的なデザインを磨いていきます。後に「モードの帝王」と呼ばれたファッションデザイナーのポール・ポワレと出会い、テキスタイルのデザインへと展開します。

植物や動物、パリの都市生活をモチーフにしたテキスタイルは、モードの最先端であるパリのデザイナーたちのドレスに用いられました。第2章では、デュフィが手掛けたデザインや、モデルたちの写真も展示されています。


デュフィデザインのテキスタイル。「ドーヴィルまたはレガッタ」が用いられたポール・ポワレのデイドレス

テキスタイルのデザインを通し、デュフィは独自のスタイルを確立させます。テキスタイルのプリントは、一色ごとに異なる版を用いて何度も擦って模様を作り出すのですが、輪郭線のなかに色彩が収まらないことがあります。色と線がそれぞれに自由に動くような独特のデュフィらしい画風は、このなかで確立したのです。

1937年のパリ万博で、デュフィは横60m、縦10mに及ぶ巨大な壁画「電気の精」を描きます。古代からの技術の発展とその発明者たちと、神々が描かれた叙事詩は、デュフィの代名詞ともいえる透明感のある鮮やかな色彩と軽やかな線で彩られています。本展では、壁画完成後に描かれたリトグラフの縮小版を見ることができます。

デュフィの代表作としてよく知られるのが、音楽を題材にした作品です。デュフィの両親は音楽好きで、その影響を受け、デュフィも音楽をテーマにした作品は若いころから何度も描いています。

『ヴァイオリンのある静物:バッハへのオマージュ』は、赤を基調とした大胆な画面で、色彩の魔術師と言われたデュフィの真骨頂。背景の花のモチーフの壁紙は、デュフィの下絵をもとにビアンキーニ社が製作したテキスタイルに由来します。


音楽

絵付けした陶器や、デザインした家具なども展示されており、デュフィの豊かな才能を感じます。

可愛らしいテキスタイルを用いたオリジナルグッズも販売されているので要チェックです。

展覧会は東京展(6/7~7/27)の後、あべのハルカス美術館(8/5~9/28)、愛知県美術館(10/9~12/7)へ巡回します。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2014年6月6日 ]


料金当日一般 1500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2014年6月7日(土)~2014年7月27日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp/
展覧会詳細へ デュフィ展  絵筆が奏でる 色彩のメロディー 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社