インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸へようこそ! 浮世絵に描かれた子どもたち

江戸へようこそ! 浮世絵に描かれた子どもたち

■子どもを慈しんだ江戸時代
【会期終了】 幕末・明治期に来日した外国人が「子どものパラダイス」と評したほど、江戸時代の日本は子どもを大切にする社会でした。浮世絵に描かれた子どもを前後期あわせて約300点を紹介する企画展が、千葉市美術館で開催中です。
子どもが社会から守られるのはいつの時代でもあたり前ですが、江戸時代の日本は特筆もの。小さな子どもは神からの授かりものとして慈しみ深く育てられ(一因として、幼児の死亡率が高かった事もあります)、子どもたちも伸び伸びと過ごす事ができました。

子どもの日常を描いた浮世絵も数多く作られ、本展も春信、清長、歌麿、北斎、広重、国芳など錚々たる名前がずらり。「子どもを描いた浮世絵」に、多くの需要があった事にも驚かされます。


第1章「子どもへの愛情」

子どもの無事な成長は、親にとって心からの願い。江戸時代は「7才までは神のうち」とされ、節目にあたる行事も重要な意味を持っていました。

七五三はもともと上流階級の行事でしたが、江戸時代には一般化。雛祭や端午の節句の絵にも、楽しそうな子どもの姿が見られます。


第2章「子どもの成長を願う」

男女別で寺子屋があった江戸時代。この時代に女が読み書きができたという事は、極めて先進的といえる社会でした。

一寸子花里(いっすんしはなさと)の《文学ばんだいの宝 末の巻》は、寺子屋を描いた作品。先生の近くの子が真面目で、離れた場所の子がふざけているのは、今も昔も変わりません。

女の子にとっては、音曲や踊りの稽古も人気がありました。歌川国輝《湯島音曲さらいの図》は、湯島の料亭を借り切った音曲のおさらい会、すなわち発表会の模様です。


一寸子花里《文学ばんだいの宝 末の巻》 / 歌川国輝《湯島音曲さらいの図》

家の中ではままごと、人形遊び、双六、かるた。外では竹馬、相撲、こま回し、鬼ごっこ。スマホもDSもありませんが、江戸の子どもは実に楽しそうに遊びます。

川遊びをする子どもたちを描いたのは、菊川英山の《すな鳥子供遊》。美人画で知られる英山らしい若い母親の面持ちと、笑顔で川に入る子どもたちのムチムチの体が印象的です。


菊川英山《すな鳥子供遊》

江戸時代に木版技術が発達し、子ども向けの書物も作られました。展示されているのは金太郎、牛若丸と弁慶、舌切り雀、さるかに合戦など。会場には現代の絵本も用意されており、比べて楽しむ事もできます。

ちょっと面白いのは、絵巻の桃太郎。流れてきた桃は小さく、食べると老夫婦が若返り、生まれた子どもが桃太郎というストーリーです。実は江戸時代に桃太郎を描いた絵巻は、ほとんどがこの「回春型」バージョンです。


第6章「子どもの好きなお話」

本展は公文教育研究会の所蔵作品を中心とした企画展。公文教育研究会は江戸時代の子どもにまつわる史料約3,200点を保有し、なかでも「子ども浮世絵」については世界でも類を見ない豊富なコレクションとして知られています。

ぜひお子様連れをオススメしたい展覧会。子ども(高校生以下)と一緒に来館すると、大人の観覧料が800円から500円になるという、ちょっと珍しい「親子割引」があります(高校生以下の子どもは、もともと無料です)。前期(7月8日~8月3日)と後期(8月5日~8月31日)で大幅に展示替え。半券を提示すると、会期中2回目以降の観覧料が2割引の「ごひいき割引」も実施中です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年7月10日 ]

※こちらでご紹介している作品は、すべて前期展示となります。

知識ゼロからの浮世絵入門

稲垣 進一 (著)

幻冬舎
¥ 1,365

 
■江戸へようこそ 浮世絵に描かれた子どもたち に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2014年7月8日(火)~8月31日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 江戸へようこそ! 浮世絵に描かれた子どもたち 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社