インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  建築家ピエール・シャローとガラスの家

建築家ピエール・シャローとガラスの家

■デザイナー・建築家、そして発明家
【会期終了】 フランスで活躍したアールデコ期のデザイナーで建築家のピエール・シャローをご存知の方は少ないのではないでしょうか。シャローの活動を紹介する日本で初めての本格的な展覧会が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
ピエール・シャローは1883年生まれ。正規の建築教育を受けず、就職した家具会社でデザインや製図を学んだ異色の経歴の持ち主です。1919年に独立してからは家具デザインやインテリアデザインを手がけ、芸術家やモダニスムの建築家との交流の中で次第に建築へと仕事の領域を広げていくようになります。

展覧会は、シャローの活動の本質を象徴する17のトピックで構成されています。家具のデザイン画や製図など、ポンピドゥーセンター所蔵の貴重な資料を中心に、シャローの足跡を追っていきます。

会場デザインはみかんぐみのマニュエル・タルディッツさん。シャローのエレガンスな作品を十分に理解できる、同じフランス出身の建築家ということで起用されました。会場を貫く黒い帯状のラインの上に、シャローの家具が並ぶ会場プランにも注目です。

図面とともに実物の家具も数多く展示されています。ハイスツールはトゥール市のホテル、グラン・オテル・ド・トゥールのためにデザインされたもの。分厚い木と細い鋼管でシンプルに組み合わせていますが、当時流行したモダニスムの枠だけに収まらないシャローのこだわりを見ることができます。


グラン・オテル・ド・トゥールのスツール

シャローの活動に欠かせない人物の一人が金物職人のルイ・タルベでした。シャローのアイディアを実現させる技術の提案や実際の金属加工など、タルベは大きな役割を果たしました。

T字型と門型の金属プレートと、黒い木の数枚の天板で構成された机もタルベに作らせたもの。最初は自分の事務所の家具として作りましたが、顧客の注文に合わせて、天板の数や棚のバリエーションを変えることができました。その数、なんと約3年間で25種に及びます。実物の机のほか、他のバリエーションのデザイン画や図面なども展示されていますので、見比べてみてください。


バリエーション豊かなデスク。実物展示はロベール・マレ=ステヴァンスモデルのデスク。

シャローの代表作で展覧会タイトルでもあるガラスの家は、パリのサンジェルマン地区にある18世紀の古いアパルトマンを改装した建物。シャローと長年親交のあった医師のダルザス夫妻のための住宅兼診療所です。

アパルトマンを買い取ったものの、上の階の住人が立ち退きを拒否したため、シャローは1階と2階だけを壊し、ガラスでできた近代的な家をそこに新しく作りました。現代ではリノベーション、リフォームという言葉がよく聞かれますが、ガラスの家はリノベーション住宅のさきがけといえます。


ガラスの家の模型や、紹介記事など。

シャローの主な活動時期は短く、第一次大戦後から1932年までの約10年。二つの大戦に挟まれた短くも濃密で革新的な活動は、建築界にやってきた彗星のようでした。第2次世界大戦が迫る1940年に渡米。1950年にその生涯を閉じます。

20世紀初頭は経済や産業の在り方が大きく変わる激動の時代。社会の変化は芸術にも大きな影響を与えました。シャローはその変化の時代のただなかで、近代生活に適合した美しい建築を提案したのです。

現在もガラスの家はパリで丁寧に保存され、受け継がれています。内部の見学は難しいので、この展覧会はとても貴重。建築やデザイン好きの方には見逃せない展覧会です。国内巡回はありませんのでご注意を。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2014年7月25日 ]


■建築家ピエール・シャローとガラスの家 に関するツイート



建築家ピエール・シャローとガラスの家 [単行本]

ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館+パナソニック汐留ミュージアム (編集)

鹿島出版会
¥ 3,456

 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2014年7月26日(土)~10月13日(月)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ 建築家ピエール・シャローとガラスの家 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社