インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日本SF展 ★SFの国

日本SF展 ★SFの国

■「SF大国」の50年前
【会期終了】 ウルトラマンやガンダムなどサブカルチャーの分野を含め、今やすっかり「SF大国」といえる日本ですが、本格的な歴史はまだ50年ほど。日本SF第一世代の活動を中心に、日本SFの黎明期を紹介する企画展が、世田谷文学館で開催中です。
「竹取物語」や「南総里見八犬伝」のように日本にも空想あふれる物語は昔からありましたが、今に繋がるSFは明治時代から。海外書籍の翻訳から、徐々に国産SFが作られるようになりました。

本格的にSFが広がったのは戦後の事です。1954年に日本初のSF専門誌「星雲」が刊行(ただし1号のみ)。1957年には同人誌「宇宙塵」が創刊され、星新一も同誌からプロ作家の道を歩み始めています(2013年廃刊)。

そして1959年末に、現在まで続く「SFマガジン」が早川書房から刊行されました。同誌は2014年5月で700号を達成、本展でも会場の冒頭で、その長い歴史を紹介しています。


SFマガジン

日本SF第一世代の作家として、会場では特に五人をピックアップしました。

近代的なSFを最も早く書き始めた星新一、大阪万博のプロデューサーも務めた小松左京、鉄腕アトムをはじめSFも多い「マンガの神様」手塚治虫、SF小説の挿絵や装丁を数多く手がけた真鍋博、「時をかける少女」は何度も映画化された筒井康隆。

筒井康隆を除く4人は、すでに物故者。それぞれ自身の言葉や資料で、その足跡を振り返ります。


会場

ご紹介したいコーナーが「SFアートの世界」。SF小説の扉絵には、ひと目でそれと分かる特徴的なイラストがよく見られます。会場では中島靖侃や斎藤和明などによる原画を展示しています。

メカ類とともにしばしば登場するのは、露出が多くグラマラスな女性。安定した様式美といえるかもしれません。


「SFアートの世界」

日本SFを語る上で、大伴昌司(おおともしょうじ)の存在を忘れるわけにはいきません。一昨年の弥生美術館での回顧展も記憶に新しいところです。

少年マガジンの編集者だった大伴は、巻頭グラビアで「ウルトラ怪獣の解剖図」をはじめ、さまざまな人気企画を連発。その仕事は当時の子どもたちを熱狂させ、日本SFの魅力を倍増させた大功労者といえます。


「大伴昌司の仕事」

多くの国産SFの中で、あえて1点だけ挙げるなら、やはり小松左京の「日本沈没」でしょう。地殻変動で日本が消滅する衝撃のストーリーは9年がかりで執筆され、1973年に発表。同年の映画も880万人を動員する大ヒットとなりました。

本展で初公開されたのが、半村良が小松に宛てた手紙。読後の半村は「もう小説を書くのをよそうと思いました」と綴るほどでした。


「日本沈没」の原稿や資料など

ぜひミュージアムショップで手に取っていただきたいのが、限定ミニブック「きつねこあり」。68mm×52mmの豆本で、筒井康隆「きつね」、星新一「ネコ」、小松左京「アリ」の3編を1冊に収録し、500円とお手頃価格です。会期中、世田谷文学館のみでの販売です。

また、公式図録も楽しいデザインです。「日本SFの父」海野十三(うんの・じゅうざ)の書籍のカバーイラストを使い、中身も往年の子ども向け雑誌のような質感。こちらは世田谷文学館のオンラインショップでも販売しています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年7月30日 ]



■日本SF展 に関するツイート


 
会場世田谷文学館
開催期間2014年7月19日(土)~2014年9月28日(日)
所在地 東京都世田谷区南烏山1-10-10
TEL : 03-5374-9111
HP : http://www.setabun.or.jp
展覧会詳細へ 日本SF展 ★SFの国 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社