インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  高野山開創1200年記念 高野山の名宝

高野山開創1200年記念 高野山の名宝

■運慶の《八大童子像》、快慶の《四天王立像》
【会期終了】 唐で密教を学んだ弘法大師空海が、密教修行の根本道場として開いた高野山。「山の正倉院」と称される文化財の宝庫から、密教美術の至宝がサントリー美術館にやってきました。
816(弘仁7)年に開創した高野山。本展は、来年2015年に開創1200年の節目を迎える事を記念した企画で、三章での紹介です(会場構成上、動線は章どおりではありません)。

 第一章「大師の生涯と高野山」
 第二章「高野山の密教諸尊」
 第三章「多様な信仰と宝物」

仏画、書、仏具などにも名品が数多く出ていますが、特徴的なのは仏像の多さ。出品60件のうち3分の1の20件が仏像です。大型仏像はケース外展示も多く、近くでじっくりと鑑賞できるのも嬉しいポイントです。


会場

奥に進むと、快慶作の重要文化財《四天王立像》が。手前から多聞天、持国天、増長天、広目天の順に並びます。四軀とも勇壮な姿ですが、中でも快慶が直接手掛けたとされる広目天は、肉体の把握や彫りの鋭さやで高い評価を得ています(「快慶作」の仏像は、快慶監修の元で複数の仏師によって造られたものです)。

奈良・東大寺の大仏殿には、以前は大仏とほぼ同じ大きさの巨大な四天王像があり(戦国時代に焼失)、本作はその雛形という説も(ただ、四軀すべてではありません)。確かに視線を下に向けたポーズは、巨像で表現するとさらに迫力が増しそうです。


重要文化財《四天王立像》快慶作

階段を降りると、豪華な金の孔雀に乗った四臂(しひ:手が四本)の明王、重要文化財《孔雀明王坐像》が。1200(正治2)年に落慶した高野山孔雀堂の本尊、こちらも快慶作です。

孔雀明王(くじゃくみょうおう)は画像として表現されたものが多く、立体化された作品は稀少です。


(手前)重要文化財《孔雀明王坐像》快慶作 / (奥)国宝《五大力菩薩像のうち金剛吼菩薩像》(展示は10/11~11/3)

お待ちかねの国宝《八大童子像》は、会場最後に登場。八軀の童子をそろって鑑賞できる、貴重な機会となりました。

恵光(えこう)、烏倶婆誐(うぐばが)、恵喜(えき)、清浄比丘(しょうじょうびく)、制多伽(せいたか)、矜羯羅(こんがら)、指徳(しとく)、阿耨達(あのくた)のうち、最初の六軀はⅩ線分析による像内の納入品から、運慶作と認められています(最後の二軀は作風が異なり、後年に補われたものと考えられます)。

不動堂の本尊である重要文化財《不動明王坐像》の眷属(けんぞく)ですが、不動明王の眷属は矜羯羅と制多伽の二童子の例が多く、八童子が揃うのは絵画を含めて多くありません。

自然なポーズですが、顔つきはさまざま。水晶を使った玉眼(ぎょくがん)の目の効果もあって、生き生きとした表現が見ものです。


国宝《八大童子像》(はちだいどうじぞう)

三井記念美術館の「東山御物の美」(10/4~11/24)、渋谷区立松濤美術館の「御法に守られし 醍醐寺」(10/7~11/24)、そして東京国立博物館の「日本国宝展」(10/15~12/7)と、この秋は東京の美術館で国宝・重要文化財を多くそろえた企画展が次々に開催されていますが、本展も指定文化財が実に47点。八大童子像、四天王立像、孔雀明王坐像は全期間展示されますが、期間中に展示替えされる作品もありますので、公式サイトの出品作品リストでご確認の上、お出かけ下さい。

なお本展は2015年1月23日(金)~3月8日(日)、あべのハルカス美術館に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月10日 ]


料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■高野山の名宝 に関するツイート


 
会場サントリー美術館
開催期間2014年10月11日(土)~2014年12月7日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 高野山開創1200年記念 高野山の名宝 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社