インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

■大人も子どももウエルカム
【会期終了】 東京大学発のITベンチャー、チームラボ。サイエンス・テクノロジー・アート・デザインの枠を超えて活動する「ウルトラテクノロジスト集団」による日本ではじめての大個展が、日本科学未来館で開催中です。
猪子寿之氏が率いるチームラボ。各分野のスペシャリストで構成され、プロモーション映像やアート作品、ウェブやアプリなど、幅広く活動しています。

これまでに台湾や米国などで大規模な個展を開催していますが、日本では初めて。デジタルアート作品を紹介する「踊る!アート展」と、デジタルテクノロジーを使った知育空間「学ぶ!未来の遊園地」の2分野で、計15点の作品が紹介されています。

会場前半は「踊る!アート展」の作品から。最初の作品は《花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に – Tokyo》です。東京に生息している花々がモチーフ。立ち止まると足元から花が咲いてくるなど、鑑賞者のふるまいに応じて変化します。


《花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に – Tokyo》

書家の紫舟さんが手がけた書を立体的に構築した《生命は生命の力で生きている》、さらに新しい解釈で作ったのが《冷たい生命》。ゆったりと回転しながら変化していきます。

《花と屍 剝落 十二幅対》は、「自然と文明の、衝突、循環、共生」をテーマにした絵物語。神話の時代をモチーフに、人々が木々を切り、ヤマタノオロチが怒り、武士が戦い…と、壮大なドラマが縦位置12面のモニター映像で繰り広げられます。


《冷たい生命》、《花と屍 剝落 十二幅対》

展覧会メインビジュアルにもなっている《Nirvana》は、高さ約5m、幅約20mの巨大なアニメーション作品。ピクセルアートとの親和性を指摘される伊藤若冲の升目画「鳥獣花木図屏風」や「樹花鳥獣図屏風」をモチーフに、動植物が動き出します。

「踊る!アート展」の最後は《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 ‒ Light in Dark》。真っ暗な展示室に、段状に配されたスクリーン。光の八咫烏が空間を飛び回りる、スピード感あふれる映像作品は、NYの個展でも大きな反響を呼びました。


《Nirvana》と《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 ‒ Light in Dark》

「学ぶ!未来の遊園地」は大きな展示室に8つの作品。どれも子どもたちの人気を呼びそうです。

床面に映った○△□で遊べるのが《天才ケンケンパ》。うまく乗れると、床が美しく変化します。

《つながる!積み木列車》は、色を感知するセンサーを使った作品。同じ色の積み木を結ぶように線路や道路が繋がり、列車や車が走りだします。

上から落ちてくる象形文字に触れると、その文字がもつ世界が現れる《まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり》。それぞれの文字が持つ意味を、感覚的に理解できそうです。


「学ぶ!未来の遊園地」

《3D お絵かきタウン》は、みんなの描いた絵でできていくまちです。

最初「紙」に、まちをつくるもの(クルマ、ビル、木など)の絵を自由に描き、スキャンして取り込むと、自分が描いたものが目の前のまちの中に出現。みんなが描いた絵で、まちがどんどんできあがっていきます。


《3D お絵かきタウン》

高い技術のバックヤードと、美しく・楽しく魅せるフロントサイドが見事に融合した作品の数々。外で身体を動かすのがおっくうになる季節ですが、天気も気温も気にせずに、大人も子どもお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年11月28日 ]

※ご好評により、2015年3月1日まで予定していた会期を5月10日まで延長することが決定しました。

チームラボって、何者? [DVD付]

猪子寿之 (監修)

マガジンハウス
¥ 3,024

料金一般当日:1,800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地 に関するツイート


 
会場日本科学未来館
開催期間2014年11月29日(土)~2015年5月10日(日)
所在地 東京都江東区青海2-3-6
TEL : 03-3570-9151(代表)
HP : http://odoru.team-lab.net/
展覧会詳細へ チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社