インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  高松次郎ミステリーズ

高松次郎ミステリーズ

■ユニークな会場構成にも注目
【会期終了】 1960年代から90年代まで第一線で活躍した現代美術家、高松次郎(1936-1998)。素材もアプローチも異なるさまざまな作品を一堂に集め、その思考をミステリーを読み解くように感じてもらう企画展です。
高松次郎は東京生まれ。東京藝術大学を卒業後、読売アンデパンダン展での発表を皮切りに、中西夏之、赤瀬川原平らとともにハイレッド・センターを結成、ヴェネチア・ビエンナーレをはじめ国外でも活躍するなど、1998年に直腸ガンで死去するまで精力的に創作を続けました。

絵画から立体造形、パフォーマンス、写真など、多彩な手法で知的な視覚表現を追及した高松。その作品は一見では無関係のように見えながらも、背後には一貫したつながりが潜んでいます。


会場最初の作品は《No.273(影)》。モデルを描かずに影だけを描いた〈影〉シリーズは、高松を代表する作品群です。

本展では本格的な作品紹介の前に、高松の〈影〉シリーズを題材にした「影ラボ」というユニークな趣向が用意されています。

異なる光源で影が二重に見えたり、回転する椅子の影が投影されたりと、「影ラボ」は4カ所。高松の思考世界に踏み出すきっかけに、と設定されました(会場内で「影ラボ」のみは撮影可能です)。


「影ラボ」では、《No.273(影)》のような二重の影も作れます

展覧会は年代ごとの3章構成です。

 第1章:「点」、たとえば、一つの迷宮事件 1960-1963
 第2章:標的は決してその姿をあらわさない 1964-1970s
 第3章:それは「絵画」ではなかった 1970s-1998

それぞれの章を、別のキュレータ―(順に桝田倫広・蔵屋美香・保坂健二朗の各氏)が担当している事も特徴的。オブジェや彫刻、絵画など約50点と、関連ドローイング類約150点が並びます。

1966-71年に手掛けた〈遠近法〉も、高松の代表的なシリーズのひとつ。「近くのものは大きく、遠くのものは小さい」という遠近法を逆手に取ったような作品です。

《遠近法の椅子とテーブル》は、1966(昭和41)年の立体作品。絵画を見るように正面から見ると特に違和感を感じませんが、横に回ると奇妙な形をしている事がお分かりでしょうか。

実は〈影〉と〈遠近法〉も関係があります。光源に近づく=キャンバス(壁面)から遠ざかると影は大きくなり、近づくと小さくなる。つまり影は逆遠近法の性質を持っているのです。


《遠近法の椅子とテーブル》

本展の会場構成は、トラフ建築設計事務所。会場内に設けられた一段高い「ステージ」も楽しい仕掛けです。多彩な作品を見渡すことで、その一貫した思考を感じてもらおう、という趣向です。

ステージの床に引かれた白い線は、高松のアトリエのおおまかな大きさ。自宅に付属したこのアトリエで、高松の数々のアイデアが巣立っていきました。

最後に、高松次郎といえば、サングラス姿のダンディなポートレートも印象的。会場出口には、高松の大きな写真とサングラスも用意されています。サングラスをかけて、高松とのツーショットをお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年12月1日 ]

不在への問い

高松 次郎(著)

水声社
¥ 4,860

 
会場東京国立近代美術館
開催期間2014年12月2日(火)~2015年3月1日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp/Honkan/takamatsujiro/index.html
展覧会詳細へ 高松次郎ミステリーズ 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社