インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  雪と月と花 ~国宝『雪松図』と四季の草花~

雪と月と花 ~国宝『雪松図』と四季の草花~

■応挙で謹賀新年
【会期終了】 新春を迎える三井記念美術館といえば、もちろん国宝《雪松図屏風》。今年は応挙の代表作にあわせ、雪や月、四季の草花を表した絵画や工芸品を紹介します。
日本的な美意識の表現として、しばしば用いられる「雪月花」(せつげつか)。本展は間に「と」を挟み、少し印象を和らげたタイトルとしました。

展示されるのは、館蔵品を中心とした70点。近年三井不動産から寄贈された作品も含みます。

会場に入ると、前室でいきなり「雪松図屏風」? 実はこれは高精細複製品で、特定非営利活動法人京都文化協会とキヤノンによる「綴プロジェクト」で制作されたものです。

高精細デジタルデータを大判インクジェットプリンターで特製の和紙に印刷し、京都の伝統工芸師が金泥加工を施した「雪松図屏風」。実物では難しい方法でも展示できるのが強みで、過去にはロウソクの灯りで観せた事もあります。

本展でもロウソクのように揺らぐ照明を設置。応挙が活躍していた江戸時代に想いを馳せながらご覧下さい(高精細複製品の展示は12月25日まで)。


高精細複製品の「雪松図屏風」

展示室1は工芸品から。雪・月・花の順にご紹介しましょう。

まず「雪」は《粉引茶碗 銘残雪》。口縁の周囲が白く残る平茶碗で、銅の下部にベージュ色の染みが出た景色は、「残雪」の銘に相応しい趣きがあります。

「月」は《備前徳利花入 銘雨後月》。焼く時に出来てしまった胴の丸い「抜け」を「雨後の月」に見立てて、花入れとして用いました。

「花」の《色絵桐巴紋水指》は、野々村仁清の作。桐と巴の文様を施し、落ち着いた印象の水指です。


順に《粉引茶碗 銘残雪》、《備前徳利花入 銘雨後月》、野々村仁清《色絵桐巴紋水指》

見ごたえがあるのは展示室4。屏風や襖絵、軸物など大きな作品が並びます。

2015年1月4日からは国宝《雪松図屏風》がここで展示されますが、会期前半で紹介される重要文化財《日月松鶴図屏風》も見逃せない逸品です(12月25日まで)。

金地の空間に岩と流水、松と鶴が配された豪華な屏風。左隻の右上には三日月の銀板が、右隻の右上には太陽の金板が嵌められています。植物はクマザサ、タンポポなど春の草花からアシの枯れ穂まで描かれ、日月と四季の移ろいを一画面で表現しています。


重要文化財《日月松鶴図屏風》

最後の展示室には、まさに「雪月花」と名付けられた《唐物竹組大茶籠(雪月花)》も。小さな茶道具と香道具40余点が竹籠に入ったセットで、北三井家8代の高福(たかよし)が仕立てました。箱書きに「月雪も花も友とて茶箱かな」とあります。

油彩のようにも見える草花図は、川端玉章の《草花図額》。明治時代の日本画です。北三井家は、和建築に絨毯を敷いて洋風生活をいち早く始めていたため、このような絵画で華やかに彩られていました。


《唐物竹組大茶籠(雪月花)》、川端玉章《草花図額》

三井記念美術館は、2015年度の企画展も発表しました。

三井文庫開設50周年、三井記念美術館開館10周年のメモリアルイヤーということもあって、2015年4月11日~6月10日と11月14日~2016年1月23日に記念特別展が開催。6月20日~8月16日の「春信一番!写楽二番!」展では、米・フィラデルフィア美術館が誇る浮世絵コレクションから厳選した春信、写楽、歌麿、北斎など150点が来日します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年12月10日 ]

日本の美術館ベスト100ガイド日本の美術館ベスト100ガイド


マガジンハウス
¥ 1,234


■雪と月と花 雪松図 に関するツイート


 
会場三井記念美術館
開催期間2014年12月11日(木)~2015年1月24日(土)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 雪と月と花 ~国宝『雪松図』と四季の草花~ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社