インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕120年 時代小説の挿絵画家 小田富弥展

生誕120年 時代小説の挿絵画家 小田富弥展

■花形挿絵画家、初の大規模展
【会期終了】 大正末から昭和初期にかけて活躍した挿絵画家、小田富弥(おだとみや:1895-1990)。「西の小田富弥、東の岩田専太郎」と呼ばれた花形挿絵画家の生誕120年記念展が、弥生美術館で開催中です。
日本画家・北野恒富の門下生だった小田富弥。師匠から辿ると歌川国芳 ─ 月岡芳年 ─ 稲野年恒 ─ 北野恒富 ─ 小田富弥という流れになります(雅号が一文字づつ継がれています)。

急病になった岩田専太郎のピンチヒッターとして描いた挿絵が好評で、いつの間にか挿絵が本業に。当時は大衆文学が花を開きつつあった時代で、小田富弥は花形挿絵画家として活躍しました。

得意のジャンルが、各地を流れ歩く博徒を主人公にした「股旅もの」。縞の合羽に三度笠、世間から疎外された一匹狼のアウトローを、躍動感あふれる筆致で描きました。


会場

大衆文学のヒーローで、冷酷非情な殺人鬼・丹下左膳。林不忘(はやしふぼう:1900-1935)の伝奇小説に登場する虚構の剣士は、当初は脇役の一人でしたが、隻眼・隻眼の特異なキャラクターで読者の圧倒的な人気を掴みました。

丹下左膳の「黒襟をかけた白紋付の着流し」という目立つ装束は、実は小田富弥が考案したもの。後に大河内傳次郎らが演じた映画にもこのスタイルは踏襲され、丹下左膳のイメージを決定づけました。

丹下左膳については、失敗のエピソードも。連載20回目に描いた昼寝姿の左膳に小田富弥はうっかり両腕を描いてしまい、読者からは問い合わせの手紙が殺到したそうです。


小田富弥が描いた丹下左膳。動画の最後が、うっかり描いてしまった「両腕の左膳」

1940(昭和15)年に出版された「小田とみや画集 殺陣篇」は、興味深い資料。天保水滸伝、曽我兄弟、近藤勇など15種類の殺陣の描き方を解説した見本帖で、描き方の解説書も付いています。現代なら「マンガの書き方」といったところでしょうか。

会場には実際のスケッチや習作も展示されており、創作のプロセスも垣間見る事ができます。


「小田とみや画集 殺陣篇」など

中一弥・木俣清史・野口昴明ら、多くの門下生を育てた小田富弥ですが、戦中・戦後は徐々に挿絵への興味を失い、日本画に回帰していきます(一時、小田富弥邸には奥村土牛が同居しており、日本画制作に取り組む土牛の姿に影響を受けたともいわれます)。

晩年には美人画を楽しみながら描き、1990(平成2)年に94歳で死去。亡くなる3日前の書簡にも創作についての記述があるなど、絵とともに一途に歩んだ生涯でした。


戦中・戦後の創作

隣接の竹久夢二美術館では「竹久夢二と乙女のハイカラらいふ展 ~大正時代の女学生・職業婦人・淑女たちの憧れ~」も開催中。大正ロマンの女学生、評判になった美輪明宏さんの締め言葉「ごきげんよう」の世界がお楽しみいただけます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年1月6日 ]

怪剣士丹下左膳あらわる 剣戟と妖艶美の画家・小田富弥の世界怪剣士丹下左膳あらわる 剣戟と妖艶美の画家・小田富弥の世界

松本品子 (編集), 小田富弥 (イラスト)

国書刊行会
¥ 3,024


■小田富弥展 に関するツイート


 
会場弥生美術館
開催期間2015年1月3日(土)~2015年3月29日(日)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
展覧会詳細へ 生誕120年 時代小説の挿絵画家 小田富弥展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社