インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ルーヴル美術館展 日常を描く ─ 風俗画に見るヨーロッパ絵画の真髄

ルーヴル美術館展 日常を描く ─ 風俗画に見るヨーロッパ絵画の真髄

■フェルメール《天文学者》、ついに来日
【会期終了】 歴史的な場面や神話の世界ではなく、日常生活を題材にした風俗画。序列が低い絵画とされましたが、いきいきとした描写で魅力的な作品が数多く生まれました。ルーブル美術館の膨大なコレクションの中から、16世紀初頭から19世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の優品がやってきました。
会場は本編に入る前に、風俗画の起源といえる古代ギリシャやオリエントの作品から。続いて歴史画や肖像画など別ジャンルの絵画も紹介し、絵画のヒエラルキー(序列)について解説します。

1章の「労働と人々 ─ 商人、働く人々、農民」から、本格的な風俗画の紹介となります。

バルトロメ・エステバン・ムリーリョの《物乞いの少年(蚤をとる少年)》は、ルーヴル美術館に最初に入ったスペイン絵画のひとつ。少年の身なりは粗末ですが、気高さも感じられる描写です。


プロローグから、1章「労働と人々 ─ 商人、働く人々、農民」

話題のフェルメール《天文学者》は、2章「日常生活の寓意 ─ 風俗描写を超えて」で展示。日本初登場となります。

ユダヤ系の銀行家一族のロートシルド(ロスチャイルド)家旧蔵だったものをナチス・ドイツが略奪したといういわくつきの名画で、ルーヴル美術館に2点しか無いフェルメール作品のひとつです。

「日本の上着」と呼ばれた衣裳を羽織った学者は、当時の知識人に流行していた長髪。中央の人物がややぼんやりしているのに対し、天球儀の方はビチッと描きこまれています。モデルが誰なのか? 同じような構図の《地理学者》との関係は? 議論がつきない作品です。


2章「日常生活の寓意 ─ 風俗描写を超えて」

3章「雅なる情景 ─ 日常生活における恋愛遊戯」では男女の恋愛を描いた作品として、ヴァトーやデ・ホーホら。4章「田園の風景 ─ 日常生活における自然」には狩猟を描くカラッチや、農村を詩情豊かに描いたコローやトロワイヨンらの作品が紹介されます。


3章「雅なる情景 ─ 日常生活における恋愛遊戯」、4章「田園の風景 ─ 日常生活における自然」

5章は「室内の女性 ─ 日常生活における女性」。私的な空間の女性に関わらず、不自然に露出が多い作品も。画家・鑑賞者ともに男性目線で、窃視的な願望に応えています。

《風呂からあがるムーア人の女性》、または《ハーレムの室内》も、極めて官能的。オリエンタリズムあふれる題材を得意にしたシャセリオーならではの作品です。


5章「室内の女性 ─ 日常生活における女性」

最後の6章は「アトリエの芸術家」。画家たちがアトリエの芸術家を描いた作品です。

猿が絵を描く姿は、シャルダンの作品。古典を重視するあまり写生を疎かにしがちな美術アカデミーを風刺しているとも言われています。


6章「アトリエの芸術家」

「風俗画」という枠組みで各国・各時代を代表する作品が集まるのは、さすがルーヴル美術館ならでは。西洋美術好きにはたまらない豪華なラインナップをお楽しみください。

なお本展を主催する日本テレビは、ルーヴル美術館と長期的な展望にたった新たな協力関係を築くことに合意。本展はそれに先立って行われるもので、2018年から4年に1度、計5回にわたって日本で大規模な「ルーヴル美術館展」が開催される事となります。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年2月20日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■ルーヴル美術館展 に関するツイート


 
会場国立新美術館
開催期間2015年2月21日(土)~6月1日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.ntv.co.jp/louvre2015/
展覧会詳細へ ルーヴル美術館展 日常を描く ─ 風俗画に見るヨーロッパ絵画の真髄 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社