インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸のダンディズム 刀から印籠まで

江戸のダンディズム 刀から印籠まで

■華麗な刃文を、美しい照明で
【会期終了】 戦国の動乱が終わり、天下泰平となった江戸時代。実戦が遠ざかる中で、武士の魂だった刀剣や、携帯品の印籠・根付は装飾的な要素が強くなり、持ち主の教養や財力を象徴するこだわりのアイテムになっていきました。バラエティ豊かな刀装具など、約100件を紹介する展覧会です。
根津美術館での刀剣の展覧会は、昨年2月~4月の「特別展 清麿」以来。今回は館蔵品のみでの構成です。

まずは「刀」。展覧会タイトルが「江戸のダンディズム」なので、刀身の展示は少なめかと思っていましたが、良い意味で予想違い。太刀、短刀、脇差と計17口が並びます。

まず刃紋は、より華やかな意匠が好まれるように。大坂の刀工・津田助広が創始した濤瀾刃(とうらんば)は、大きな互の目(ぐのめ:刀身の波模様)を波に見立て、地には玉焼き(刃文の間に残る円形文様)が交ります。

刀身には龍などの透かし彫りも入るようになりました。中には刀身を完全に貫通し、裏側にも見事な彫刻を彫り込んだ脇差もあります。


「刀」

続いて「拵(こしらえ)」、刀の外装部分です。本来の機能は刀身を保護し、持つ人の身体を傷つけない事ですが、刀剣の象徴化とともに、こちらも装飾的な意味が強くなってきます。

ちなみに、拵は鞘(さや)だけではなく、柄・柄頭・目貫・縁頭・足金物・責金・鐺・鐔・小柄・笄など多くの部品で構成されています。


「拵(こしらえ)」

次は「刀装具」。鐔や目貫など、小さなパーツが紹介されています。

多くの部品を組み合わせている事もあり、拵を手掛けた職人の名前はあまり知られていませんが、桃山時代以降になると、金工に職人の名が残るものが見られるようになります。

小さな部品に込められた、驚きの職人技。一部はルーペで鑑賞できるところもあります(ただ、お持ちでしたらミュージアムスコープ(単眼鏡)の持参もお忘れなく)。


「刀装具」

最後は「印籠と根付」。印籠は薬をおさめる小型の容器ですが、江戸時代の男性にとっては、うってつけのお洒落アイテム。高度な技を駆使しながら、教養や機知にあふれた意匠がデザインに取り入れられました。

持って歩く事でセンスや財力を示すのは、現代なら腕時計が近いかもしれません。特に凝った印籠は受注生産なので、高位の武家や富裕な町人など限られた人たちが愉しめる高級アイテムでした。


「印籠と根付」 動画最後が《端午蒔絵印籠》柴田是真作

根津美術館の展覧会はいつでも美しい照明が印象的ですが、なかでも刀剣は格別。前述の「濤瀾刃」も含め、見事に浮かび上がって楽しめます。

例の刀剣育成ゲームの影響で、急速に関心が高まっている刀剣の世界。展覧会にちなんだ二つの特別催事も、あっという間に定員に達してしまいまったそうです。江戸の男を魅了した刀剣、平成では女子を惹きつけています(講演会やスライドレクチャーはまだ募集中ですので、詳しくは公式サイトでご確認ください)。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年5月29日 ]

日本刀図鑑日本刀図鑑

 

宝島社
¥ 1,000

 
会場根津美術館
開催期間2015年5月30日(土)~7月20日(月・祝)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 江戸のダンディズム 刀から印籠まで 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社