インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ヘレン・シャルフベック ─ 魂のまなざし

ヘレン・シャルフベック ─ 魂のまなざし

■フィンランドの国民的女性画家
【会期終了】 19世紀末から20世紀初めに活躍したフィンランドを代表する女性画家、ヘレン・シャルフベック(1862−1946)。2012年に生誕150周年を記念した大回顧展がヘルシンキで開かれ、近年は世界的にも注目を集めています。日本では初めてとなる大規模展、初期から晩年まで84点が並びます。
フィンランドで最も愛されている芸術家のひとり、シャルフベック。3歳の時の事故で左足が不自由になり学校に通えず、自宅で家庭教師に学びました。そして、彼女の才能にいち早く気づいたのも、この家庭教師でした。

11歳で素描学校への入学が許され、奨学金を得て18歳でパリへ。最先端の美術に触れる事で、芸術家として大きく飛躍していきます。


北欧の清潔感をイメージし、会場はあえて白い壁のシンプルな構成です

シャルフベックが脚光を浴びるきっかけとなったのが、展覧会のメインビジュアルでもある《快復期》。快復の兆しを示している病気の幼い少女を描いた、1888年の作品です。

パリのサロンで高い評価を受けたこの作品はフィンランド芸術協会に買い上げられ、翌年のパリ万博では銅メダルを獲得。シャルフベックは20代にして、国際的な名声を得たのです。

ただ、プライベートでは、3年前に婚約を破棄されるという不幸があったシャルフベック。快復する少女の姿に、自らの境遇を重ね合わせているという解釈もあります。


ヘレン・シャルフベック《快復期》

多くの肖像画を描いたシャルフベック。特に自画像は、生涯にわたって描き続けました。

10代でも達者な素描の自画像を描いていますが、パリに渡ると流行のスタイルを吸収。印象派風の自画像も出展されています。

1914年、フィンランド芸術協会は自国の美術界を代表する9人を選出。シャルフベックは、女性としてただ一人選ばれました。

理事会室に飾る自画像を依頼されたシャルフベックは、黒い背景に自らの名前を擦れた文字で記した自画像を制作。まだ50代半ばでしたが、自らの墓石とみなして描いた作品です。


第3章「肖像画と自画像」

病気がちだったシャルフベックは、療養もかねてヘルシンキ近郊で閉じこもるように生活しましたが、制作意欲は衰えませんでした。

母親を亡くして独り身になった後は、画商の薦めもあり、自分の初期作を再解釈した作品を制作。

また、再評価が進みつつあったスペインの巨匠エル・グレコから刺激を受け、エル・グレコの作品をキュビスム風に描いた作品も描いています。


第4章「自作の再解釈とエル・グレコの発見」

晩年になると、自画像には死のイメージが強くなります。衰えてゆく自らを美化せずに描いた作品は、直視するのが辛く感じるほどです。

50代で19歳年下の画家に恋愛感情を抱きますが、これも成就しなかったシャルフベック。1946年にホテルの一室で死去。83歳、生涯独身でした。

展覧会は全国巡回。東京展の後は仙台(宮城県美術館:8/6~10/12)、広島(奥田元宋・小由女美術館:10/30~2016年 1/3)、葉山(神奈川県立近代美術館 葉山:2016年 1/10~3/27)と続きます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月1日 ]

ヘレン・シャルフベック 魂のまなざしヘレン・シャルフベック 魂のまなざし

佐藤直樹 (監修)

求龍堂
¥ 2,300

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■ヘレン・シャルフベック に関するツイート


 
会場東京藝術大学大学美術館
開催期間2015年6月2日(火)~7月26日(日)
所在地 東京都台東区上野公園12-8
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://helene-fin.exhn.jp/
展覧会詳細へ ヘレン・シャルフベック ─ 魂のまなざし 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社