インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  浮世絵の戦争画 ─ 国芳・芳年・清親

浮世絵の戦争画 ─ 国芳・芳年・清親

■浮世絵師による戦いの表現
【会期終了】 今年は第二次世界大戦の終戦から70年ですが、「戦争画」の歴史は二次大戦よりずっと前からありました。浮世絵における戦争画を振り返る企画展が、太田記念美術館で開催中です。
「戦争画」といえば、多くの人は第二次世界大戦中に描かれた絵画(主に洋画)をイメージするでしょう。「浮世絵の戦争画」というちょっと珍しい企画について、まずは展覧会を担当した太田記念美術館主席学芸員の日野原健司さんにお話しを伺いました。


太田記念美術館主席学芸員の日野原健司さん

ここからは、各章ごとにご紹介します。1章は「戦国時代の合戦」。描かれた時期より150年以上前の出来事なので、戦闘の実態よりも絵としての面白さに力点が置かれた浮世絵が目立ちます。

《武田上杉時田合戦之図》は歌川芳虎の作品。弾丸の軌跡を中心に銃撃戦を描いた面白い構図の一枚です。


1章「戦国時代の合戦」

2章は「幕末の動乱」。絵師たちが活躍していた時代と重なりますが、社会を乱すような表現は厳しく制限されていたため、源平合戦や戦国の戦いの名を借りながら、現実の戦いを描いています。


2章「幕末の動乱」

3章は「西南戦争」。西欧化が進んで従来の浮世絵が求められなくなる中、絵師たちは報道画に活路を見出します。戦いの現場が中央から遠く離れていた西南戦争は、恰好の題材で、多くの絵師がこの戦いを手掛けています。ただ、現実とはかなり異なる描写も多く、武者絵の延長線上のような表現も見られます。


3章「西南戦争」

4章は「日清戦争」、ここからは舞台は国外になります。戦艦が激突した海戦は、日本が初めて経験した近代戦争。多くの艦船が登場する浮世絵も描かれ、従来とは様相がだいぶ変わってきます。

傑作なのが、進斎年光の《鴨緑江沖之大海戦》。海面下でも激戦が繰り広げられており、素潜りで格闘したり、潜水服の兵士(南部ダイバー?)が斧と刀で切り合ったりと、その想像力には感服します。


4章「日清戦争」

5章は「日露戦争」。尾形月三《遼陽之役敵将黒鳩公戦略齟齬シ総軍大ニ敗ル公勇奮自ラ陣頭ニ立テ血戦ス》は、ロシア満州軍総司令官アレクセイ・クロパトキン(黒鳩公)を描いた一枚です。

日露戦争は、国家の存亡をかけた戦い。出版されたのは戦争の真っただ中にも関わらず、敵将を絵の主役として凛々しい姿で表現しているのは、かなり意外に思えます。


5章「日露戦争」

これ以降は浮世絵そのものが下火になるため、太田記念美術館が紹介できる戦争画はここまで。この時代以降の戦争画を紹介する企画展は、他館で続けて欲しいという意図も込められています。

絵師たちの想像力の逞しさに感嘆するとともに、社会と美術の関わりについても考えさせられる好企画。特別展ではないため大きな宣伝はしていませんが、見ておかなければならない展覧会といえるでしょう。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月30日 ]

月岡芳年: 血と怪奇の異才絵師月岡芳年: 血と怪奇の異才絵師

河出書房新社編集部 (編集)

河出書房新社
¥ 2,376

 
会場太田記念美術館
開催期間2015年7月1日(水)~7月26日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 浮世絵の戦争画 ─ 国芳・芳年・清親 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社