インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  パウル・クレー だれにも ないしょ。

パウル・クレー だれにも ないしょ。

■何層にも及ぶ、クレーの深い謎
【会期終了】 記号めいたモチーフを挿入する、作品の上に別の作品を描く、画面を物理的に分割する…。具象とも抽象ともつかない独自の道を歩み、日本にもファンが多いパウル・クレー(1879-1940)。国内初公開の31点を含む約110点を紹介する展覧会が、宇都宮美術館で開催中です。
奥深い作風は日本人の感性にも合うのか、日本では戦前から受容されてきたクレー。戦後になると1961年に西武百貨店で開催された大規模展を皮切りに、多くの展覧会が開催されました。宮城、新潟、愛知など国内のコレクションも多く、本展会場の宇都宮美術館も作品を所蔵しています。

クレーは自身の作品にランクを付けていました。中でも「特別クラス」と指定した作品は売却せずに手元に置いていた逸品で、本展では40点の「特別クラス」作品が出展されているのも特徴的です。

展覧会は6章構成。まず、クレーがしばしば作品に残した記号的なモチーフのうち、音楽記号に由来する「フェルマータ」と「ターン」、そして「矢印」が記された作品が紹介されます。


第1章「何のたとえ?」 台紙の隅に「SKI」「SCI」等と書き込まれているのが「特別クラス」

クレーの作品には、複数の存在が一体化しながら描かれていることがあります。

顕著な例が、1910年に描かれた《裸体》。画面を90度横に倒すと、小さな人物像が見てとれます。会場では赤外線写真も紹介されていますが、下側の層に描かれた絵は肉眼でもクッキリ。その存在が分かるように、意図的に「半ば見えるかたち」として残しているのです。


第2章「多声楽(ポリフォニー) ─ 複数であること」

デモーニッシュ(魔的)な存在も、クレーを読み解くキーワードのひとつ。第一次世界大戦で徴兵された経験も、作品世界に顕著な影響を与えています。

十字架モチーフが散見される《窓辺の少女》と《墓地》は、元は大きな一枚の作品。少女の視線の先には、お腹が大きな女性の死体が横たわっていました。さらに、裏側にも別の絵が描かれており、一見では穏やかそうに見える作品の中に、さまざまな意図が秘められているのです。


第3章「デモーニッシュな童話劇」

第4章では、色面で分割された作品などを紹介。クレーは1923年以降、方形の色面のみで構成された「方形画」あるいは「魔法陣」と呼ばれる作品を描きました。

画中に「X」や「K」など文字的な要素を加えたものや、児童画のように太く簡素な線描で描いた晩年の作品もこの章で紹介。構成的な要素が強く、まさに謎に満ちた作品が並びます。


第4章「透明な迷路、解かれる格子」

27歳で結婚したクレー。翌年には長男が誕生しますが、一家の生計はピアノ教師である妻が支え、クレーが家事と子育てを担当していました。

クレーは子どもを、生まれる前と死者の「中間世界」にいる存在として捉えていました。子どもを描いた作品も、愛らしさより異様さの方が目に留まります。


第5章「中間世界の子どもたち」

展覧会最後はクレー作品の「可笑しみ」を象徴する、不完全で無力に見える者たち。晩年に描いた、太い描線による正体不明の生き物など、ユニークな作品が並びます。

会場に一番最後には、戸棚を描いた作品。赤い扉の向こうは、クレーの世界に繋がっているのかもしれません。この作品を描いた1940年に、クレーは心筋症による心臓麻痺で死去。享年60歳でした。


第6章「愚か者の助力」

決して分かりやすい絵画とは言えませんが、見る人それぞれの解釈で楽しむ事ができるのもクレーの魅力。東京では開催されませんので、宇都宮まで足を延ばしてお楽しみください。

宇都宮展の後は、兵庫県立美術館(9月19日~11月23日)に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年7月14日 ]



■パウル・クレー だれにも ないしょ。 に関するツイート


 
会場宇都宮美術館
開催期間2015年7月5日(日)~9月6日(日)
所在地 栃木県宇都宮市長岡町1077
TEL : 028-643-0100
HP : http://u-moa.jp/
展覧会詳細へ パウル・クレー だれにも ないしょ。 詳細情報
取材レポート
Bunkamura
リヒテンシュタイン
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社