インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展  「印象、日の出」から「睡蓮」まで

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展  「印象、日の出」から「睡蓮」まで

■プライベートコレクションで綴る、『究極のモネ展』
【会期終了】 日本人が好きな画家ランキングでは、常に上位にランクインするモネ。そのモネが亡くなるまで手元に置いていた作品を収蔵しているのが、パリのマルモッタン・モネ美術館です。マルモッタン・モネ美術館の至宝を含む90点が、上野の東京都美術館にやってきました。
言わずと知れた印象派の巨匠、クロード・モネの最初期の作品から晩年までをたどる展覧会。出品作品は、モネが最後まで手元に残したコレクションを引き継いだ、息子のミシェル・モネから遺贈された作品と、初期印象派を評価したド・ベリオ医師のコレクションを中心に構成されています。

会場を入ってすぐ、出迎えるように置かれているのはルノワールが描いたモネの肖像画です。印象派を代表する二人は親しく交流し、若き日にはともにカンヴァスを並べて、一緒に制作することもありました。

1階ではモネが描いた家族の肖像や、若き日の作品が並びます。


1 家族の肖像、4 モティーフの狩人Ⅰ

モネの画業はカリカチュア(風刺画)作家として始まりました。子供のころからカリカチュアを描いていたモネは、次第に腕を上げ、その売り上げがパリへ行くための費用となりました。

モネは、親しい画家仲間や敬愛する画家の作品を収集し、自宅に飾っていました。戸外制作を勧めたウジェーヌ・ブーダンや、若き日のモネが称賛したドラクロワの作品も、マルモッタン・モネ美術館の貴重なコレクションとして今回展示されています。


3 収集家としてのモネ

《印象、日の出》は1874年に開催された「画家、彫刻家、版画家等による共同出資会社」による第1回展覧会で展示されました。その際に、批評家ルイ・ルロワが半ば批判的に「印象派の展覧会」という評論を発表。後にこの展覧会が「第1回印象派展」と呼ばれるようになりました。

この作品への評価が高まったのは、実は最近のこと。1950年代に、この絵こそが印象派の起源だという研究結果が発表されてからです。それ以前には《印象、日の入り》という名で目録に登録されたことがあるというのには驚きます。


クロード・モネ《印象、日の出》1872年 マルモッタン・モネ美術館 東京展展示期間:9月19日~10月18日

モネが作りあげた作品としても名高い「ジヴェルニーの庭」は、モネの創作に欠かせない存在です。モネはここで《睡蓮》以外にも多くの作品を描きました。季節ごとに咲く花や、庭に浮かぶ小舟など、モネが見つめた風景を描いた作品を見ることができます。


5 睡蓮と花 ─ジヴェルニーの庭

モネは晩年白内障を患いましたが、その創作意欲は衰えることがありませんでした。ジヴェルニーの庭で、太鼓橋やバラの小道など同じモチーフを繰り返し描いています。1923年に3度の手術を行った後、それ以前数年間に描いた作品を破棄していますが、3階で展示される作品は破棄されず、モネが亡くなるまで手元に置いた作品たちです。

衰えたとはいえ、自身で認めた作品は、晩年とは思えないほど力強く濃厚な色彩を見せています。


6 最晩年の作品

モネは1914年から睡蓮の連作を描き、生前は一般に公開せず、売却も考えていませんでした。唯一の例外が松方幸次郎。国立西洋美術館の礎となった松方コレクションを作った人物です。モネのアトリエを訪れて直接買い付けた松方を、モネは快く迎えたといいます。上野駅からお帰りになる前に、国立西洋美術館に立ち寄ってみてはいかがでしょう。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2015年9月18日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 に関するツイート


 
会場東京都美術館
開催期間2015年9月19日(土)~12月13日(日)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.ntv.co.jp/monet/
展覧会詳細へ マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展  「印象、日の出」から「睡蓮」まで 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社