インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展 万年筆の生活誌 ─ 筆記の近代 ─

企画展 万年筆の生活誌 ─ 筆記の近代 ─

■「触った事がない」人は、ぜひ。
【会期終了】 今では懐かしい響きにも思える「万年筆」。かつては誰でも一本は持っていた筆記具ですが、触った事がないという若い人も増えているようです。日本の近代化に合わせて広がり、私たちの生活をさまざまな場面で支えていた万年筆にスポットを当てた展覧会が、国立歴史民俗博物館で開催中です。
明治時代から広まった万年筆。当初は舶来品が主流で、丸善は英国デ・ラ・ルー社のオノト、三越は米国のウォーターマン社の製品を積極的に輸入し、筆記具の近代化が進みました。

明治の中頃からは、国産化も始まります。スワン、オリバー、サンエスなどは、一部の部品を輸入して製造を開始。後にほとんどの部品が国産となりました。

現在の「国産三社」と称されるのはセーラー、パイロット、プラチナ。それぞれ1911(明治44)年、1915(大正4)年、1919(大正8)年の創業です。

国産の万年筆には、さまざまな技術が盛り込まれています。インキ止め、カートリッジ式、キャップレスはいずれも日本発のアイデア。四季の温湿度差が大きい日本は、毛細管現象を利用する万年筆にとって良い環境ではありませんが、技術力で補っていくのはさすがです。


第1章「日本の万年筆とその技」

「日本ならではの万年筆」として特筆されるのが「蒔絵万年筆」。欧米で作られていた金銀細工による装飾万年筆に対抗するため、伝統の工芸技術である蒔絵に白羽の矢が立ちました。

並木製作所(現パイロット)には後に人間国宝となる松田権六も入社して、蒔絵の技術とデザインを指導。国内外で絶大な人気を博した名作が次々に生まれました。

展覧会では蒔絵万年筆を拡大・縮小・回転させて見る事ができるデジタルコンテンツも用意されました。58本の蒔絵万年筆を自作の回転台に1本づつ載せ、5度づつ回しながら撮影。デジタル画像をつなぎあわせて作ったという力作です。


蒔絵万年筆を回転させて見る事ができるデジタルコンテンツ

万年筆を作る側の視点に立った1章に対し、2章は使う側からの考察です。

近代化が進む中で毛筆は万年筆に置き換えられ、戸籍をはじめ国勢調査など公的な書類は万年筆が用いられるようになりました。もちろん外交文書も万年筆。日米安保条約も、吉田茂が万年筆でサインしています。

万年筆は携行に優れた筆記用具であるだけに、戦地でも多く用いられました。個人が所有しているため、軸に所有者の名前が刻まれる事も。そのため、万年筆が戦死者の身元特定に繋がる例もあります。

ある年代以上に人にとって、万年筆のイメージといえば「大人の筆記具」。進学や就職の祝いとして、万年筆が贈られる事もありました。学年別雑誌(中学一年生)の年間購読を予約すると、万年筆をプレゼント。広告には山口百恵や王貞治が使われています。


第2章「万年筆と二碗の近代」

会場出口には、万年筆を体験できるコーナーもあります。「ペン先が上になるように持つ」など、極めて初歩的なアドバイスもありますが、確かに「万年筆で字を書く」は、今ではちょっとレアな体験かもしれません。

ちなみにこのコーナーに置いているアンケートの設問も、万年筆で書いたと思われる手書き文字でした(とても達筆です)。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年3月7日 ]


 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2016年3月8日(火)~5月8日(日)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/
展覧会詳細へ 企画展 万年筆の生活誌 ─ 筆記の近代 ─ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社