インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  MIYAKE ISSEY展 : 三宅一生の仕事

MIYAKE ISSEY展 : 三宅一生の仕事

■約45年間の革新
【会期終了】 1970年に東京にデザイン事務所を立ち上げて以来、革新的な服づくりを続けている三宅一生(1938-)さん。初期から最新プロジェクトまで全ての仕事を網羅的に紹介する大規模展が、国立新美術館で開催中です。
世界を舞台に活躍している三宅一生さん。1988年の「ISSEY MIYAKE A-ŪN」(パリ装飾美術館)、1998年の「ISSEY MIYAKE MAKING THINGS」(カルティエ現代美術財団、その後ニューヨークと東京に巡回)など、過去に何度か大きな個展が開催されていますが、いずれも海外で立案された企画。日本で企画立案される大規模な三宅一生展は本展が初めてとは、やや意外にも思えます。

展覧会は3つのセクションで構成。Section Aは最初期の仕事を一列に並べて紹介します。

ここにあるのは、布の幅をそのまま活かしたジャンプスーツや、刺し子や丹前を再解釈した衣服など。「一枚の布をできるだけそのまま使う」「伝統技法と先端技術の融合」といった三宅さんの特徴は、この時期の作品にも見る事ができます。


Section A

Section Bは、1980~1985年に展開していた「ボディ」シリーズ。繊維強化プラスティック、籐と竹、シリコンなど、従来の衣服では使われなかった素材や手法を用いて、胴体部を覆う衣服を作りました。

真っ白の展示室が印象的なSection AとBの空間デザインは、吉岡徳仁さんが担当しました。衣服を着ている「グリッド・ボディ」も、本展のために吉岡さんがデザインしたものです(吉岡さんは20代前半から約10年間三宅デザイン事務所で仕事をした後に、自らのデザイン事務所を立ちあげています)。


Section B

Section Cではいくつかのテーマを設けて、三宅さんのさまざまな仕事を紹介します(このセクションの会場デザインは佐藤卓さん)。布を身体に寄り添わせる最古の方法・襞(ひだ)を用いた「プリーツ」、編み出されるチューブを切って一着の服をつくる「A-POC」など、強い独創性が光ります。

本展で初めて公開されるのが「製品プリーツ」の制作実演。開館日の11時~12時(金曜は11時~12時と18時~19時の2回)に、スタッフが実際にプリーツマシーンを動かし、プリーツの制作プロセスを見る事ができます。


Section C

「発想し(making THINK)、それまでにないものをつくり(making THINGS)、現実をつくる(making REALITY)」という基本精神のもと、前に進み続ける三宅さん。エネルギッシュな仕事の数々は、若いクリエイターへの檄のようにも感じられます。レジオン・ドヌール勲章コマンドゥールの受章も発表され、展覧会の開幕に華が添えられました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年3月15日 ]

MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事

三宅 一生 (監修)

求龍堂
¥ 2,800


■三宅一生の仕事 に関するツイート


 
会場国立新美術館
開催期間2016年3月16日(水)~6月13日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://2016.miyakeissey.org/
展覧会詳細へ MIYAKE ISSEY展 : 三宅一生の仕事 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社