インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  開館50周年記念 美の祝典Ⅱ― 水墨の壮美

開館50周年記念 美の祝典Ⅱ― 水墨の壮美

■中国への憧憬、日本での発展
【会期終了】 三部に分けて開催されている出光美術館の開館50周年記念展「美の祝典」、第二部は「水墨画」です。墨の濃淡を利用して描く技法は中国由来ですが、日本ならではの繊細な感覚が加わり、大きく発展していきました。
館蔵の絵画作品から厳選した優品を紹介する本展。第二部も出品35件のうち国宝1点、重要文化財11点、重要美術品5点という豪華版です。

会場に入ると、右手に牧谿の掛軸が2点。南宋時代の僧である牧谿は、中国での評価は高くありませんが、湿った空気まで描くような繊細な表現は日本で好まれ、多くの追随者を生みました。

奥には屏風が3点ありますが、いずれも牧谿からの影響が顕著。能阿弥《四季花鳥図屏風》は、禽獣がすべて牧谿の画からの引用。長谷川等伯《竹鶴図屏風》も、左隻の図様は牧谿の作品から。同じく等伯の《松に鴉・柳に白鷺図屏風》も、右隻の松が牧谿のスタイルです。


水墨画の優品がずらり

出光美術館では10年ぶりに公開されている国宝《伴大納言絵巻》。第二部では中巻が紹介されています。

中巻のクライマックスといえるのが、子どもの喧嘩。親の加勢に腹を立て、「放火の真犯人は伴大納言」という衝撃の新事実が明らかになります。

喧嘩の場面は、異なった時間に起きた出来事を一つのシーンに描く「異時同図法」による描写。国宝《信貴山縁起絵巻》にも見られるように、日本の絵巻の特徴といえます。

中巻も、群衆の描写が見事。天を仰ぐ、そっと耳打ちする、大声をあげる…。一人ひとりを見ていくと、時間が経つのを忘れてしまいます。


国宝《伴大納言絵巻》(中巻)

さらに進むと、奥に《西湖図屏風》。絵画の主題としてしばしば描かれる中国・杭州の西湖を大観的に描いたのは、狩野派を大成させた狩野元信です。

会場後半は文人画です。中国の文人画への私淑から、日本では18世紀ごろから広まった文人画。日本文人画を京都で大成させた池大雅と与謝蕪村の屏風をはじめ、両者に続いて関西で活躍した浦上玉堂、青木木米、岡田半江、田能村竹田、尾張の山本梅逸、江戸の渡辺崋山による掛軸などを展示。文人画は、出光コレクションの一つの柱といえます。


会場後半は文人画が中心

盛大な50周年記念展ですが、三部構成という事もあり、一部ずつの会期は短めです。第二部も約1カ月間のみで、第三部には全ての作品が展示替えされます。お早目にどうぞ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年5月12日 ]



■出光美術館 美の祝典 に関するツイート


 
会場出光美術館
開催期間2016年5月13日(金)~6月12日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/
展覧会詳細へ 開館50周年記念 美の祝典Ⅱ― 水墨の壮美 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社