インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  中国陶磁勉強会

中国陶磁勉強会

■8000年を概観
【会期終了】 長い歴史の中で、数々の名品を生んできた中国の陶磁器。茶の湯をはじめ日本の文化に大きな影響を与えている事は理解しながらも、やや難解に思えて敬遠していた美術ファンも多いのではないでしょうか。分からないなら、学びましょう。根津美術館で「勉強会」と銘打った展覧会が開催中です。
広大な国土と長い歴史を有する中国。時代の違いによる手法の変化に加え、それぞれの生産地が持つ特性もあって、姿・形・色・文様などが異なる多彩な焼き物が作られてきました。

展覧会では古代から清時代までの焼き物を紹介。実際に多くの作品を見せる事でその違いを感じていただければ…と、出展総数は121件。根津美術館にしては異例といえるボリュームたっぷりの展覧会となりました。


会場

とても全部はご紹介できないので、ポイントを絞ってご案内いたします。

展覧会は紅色の土で焼かれた紀元前6000年頃の土器からスタート。釉薬は約4000年前に自然釉が生まれ、約3500年前には安定した釉薬(灰釉)を用いた灰釉陶器が作られるようになります。

三国時代から唐時代には、さまざまな施釉陶器が誕生。越州窯青磁、白釉陶、三彩釉などが紹介されています。


古代の土器から三国時代・唐時代まで

中国の陶磁器に詳しくない方でも、景徳鎮(けいとくちん)窯の名前は聞いたことがあると思います。華南の景徳鎮では古くから陶磁器が作られており、その最盛期は明・清時代。この時期には民窯のほかに、皇帝と宮廷で使う陶磁器を生産する官窯も設置されていました(明時代が御器廠:ごきしょう、清時代は御窯廠:ぎょようしょう)。

官窯で生産された製品は厳密な検査を受け、不良品は破棄。厳格なルールのもとで、景徳鎮のブランド力が維持されていたのです。


「景徳鎮窯と明・清時代の陶磁器」

唐物(からもの)は、日本では特別な存在。12~13世紀に禅宗とともに喫茶の文化が中国から入ってくると、中国で作られた道具は唐物として珍重されるようになります。

室町時代から安土桃山時代になると、茶壺や天目茶碗などの唐物が政治的な道具に使われるほどに。織田信長が配下の武将への論功行賞として唐物茶器を用いた事はよく知られています。


「唐物の世界」

他にも定窯・耀州窯・磁州窯などの宋時代の陶磁器、元時代に生まれた青花磁器、日本に伝世した明時代の金襴手・呉州赤絵なども展示。通して見ることで、中国陶磁器の大まかな流れが把握いたたけると思います。会場は展示室1だけですが、解説もたっぷりありますので、時間をとってじっくりとお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年9月14日 ]



■中国陶磁勉強会 に関するツイート


 
会場根津美術館
開催期間2016年9月15日(木)~10月23日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 中国陶磁勉強会 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社