インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「怖い絵」展

特別展「怖い絵」展

■知れば広がる、分かれば深まる
【会期終了】 恐怖に焦点をあてて、絵の時代背景や隠された物語を解説する『怖い絵』。作家・ドイツ文学者の中野京子さんが上梓した異例の美術書は、ベストセラーシリーズとなりました。同書の第1巻刊行10周年を記念し、ついに展覧会が実現。巡回最初の兵庫県立美術館での展示をご紹介します。
「絵は感性で観るもの」。特に絵画展の初心者に対して、しばしば言われる言葉です。確かにその通りですが、背景を知る事で、さらに鑑賞の世界が深まる事も事実。誰でも理解しやすい「恐怖」をキーにして、絵を読み解く事の楽しさを広めてくれた中野京子さんの識見には、改めて敬意を表します。

書籍の『怖い絵』は分野別ではありませんが、鑑賞の助けになる事を考慮して、展覧会は6章で構成されています。

第1章は「神話と聖書」。ギリシャ・ローマ神話や旧約・新約聖書の場面を描いた絵画は定番ですが、内容は必ずしも幸福ではありません。杯を出すキルケーは、近づく男を動物に変えてしまう魔女。海から誘惑する美女は、歌声で船人を惑わせる怪物セイレーンです。

第2章の「悪魔、地獄、怪物」も、洋の東西を問わず見られる画題。日本の美術でも多くの表現があるように、キリスト教世界にも、さまざまな魔物が徘徊しています。


第1章「神話と聖書」、第2章「悪魔、地獄、怪物」

第3章は「異界と幻視」。ペストや戦乱など、死の影が身近にあった中世末期のヨーロッパ。日常の隣から突然顔を出す死の気配に、人々は苛まれます。

実は最も恐ろしいのは、第4章「現実」かもしれません。描かれているのは殺人など、より現実的な恐怖の場面。連続殺人鬼「切り裂きジャック」の部屋を描いた画家は、切り裂きジャックその人であるという説もあります。


第3章「異界と幻視」、第4章「現実」

第5章「崇高の風景」には、一見すると美しい風景画が並びますが、やはり背景には恐ろしい物語が。ターナーが描いた《ドルバダーン城》は、権力争いの末に弟が兄を20年以上幽閉した古城です。

展覧会の目玉《レディ・ジェーン・グレイの処刑》は、第6章「歴史」で展示されています。今まさに処刑されようとしている、16歳の若き元女王。巨大な画面に迫真の描写ですが、実際の処刑は戸外で行われました。ロンドン・ナショナル・ギャラリーの大人気作品、堂々の初来日です。


第5章「崇高の風景」、第6章「歴史」

もともと『怖い絵』シリーズは展覧会を目的に執筆されたわけではなく(所蔵館から出せない作品も紹介されています)、開催にあたり、中野さんが展覧会を特別監修。《レディ・ジェーン・グレイの処刑》の貸し出しにも大変な苦労があったそうで、何回も交渉を重ねた末についに来日が実現しました。

兵庫での展示は9月18日(月・祝)まで。10月7日(土)から東京展(上野の森美術館)が始まります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月21日 ]

怖い絵怖い絵

中野 京子 (著)

角川書店
¥ 734

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■怖い絵 に関するツイート


 
会場兵庫県立美術館
開催期間2017年7月22日(土)~9月18日(月)
所在地 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1[HAT神戸内]
TEL : 078-262-0901
HP : http://www.artm.pref.hyogo.jp/
展覧会詳細へ 特別展「怖い絵」展 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社