インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―

歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―

■謎も多い超大作
【会期終了】 喜多川歌麿による肉筆画の大作《深川の雪》《品川の月》《吉原の花》。栃木の豪商が注文して描かれたと考えられる三部作ですが、現在はそれぞれ別の美術館に収められています。このたび、《吉原の花》が米国から来日。日本で138年ぶりに《深川の雪》と同時に紹介する展覧会が、岡田美術館で開催中です。
歌麿が親交のあった栃木の豪商・善野家からの注文を受け、栃木で描かれたと考えられている「雪月花」三部作。1879(明治12)年に栃木・定願寺での展観に揃って出品されましたが、後に三作ともパリへ。《品川の月》はフリーア美術館、《吉原の花》はワズワース・アセーニアム美術館の収蔵となり、行方不明だった《深川の雪》は2012年に再発見されて岡田美術館の収蔵となりました。

本展は、日本では定願寺以来となる2作品の同時展示。フリーア美術館はコレクションの館外貸し出しを禁止しているため、残念ながら三作揃い踏みとはなりませんでしたが、代わりに《品川の月》の原寸大高精細複製画も展示。その雰囲気は十分堪能できます。

では早速《吉原の花》から。吉原、品川、深川ともに江戸時代に人気が高かった遊所ですが、中でも吉原は江戸唯一の幕府公認遊郭。三部作の中でも中心的な作品といえます。

1791~92(寛政3~4)年頃に描かれた、実に華やかな作品。二階にいるのは武家の婦人で、贅沢を禁止した寛政の改革を暗に批判しているとも言われます。

左上の床の間の掛け軸は、人気絵師だった英一蝶による「布袋に唐子図」。右側の天水桶に書かれた町名は桜で微妙に隠し、虚実が入り混じった世界を演出しています。


喜多川歌麿《吉原の花》 江戸時代 寛政3~4(1791~92)年頃 ワズワース・アセーニアム美術館蔵

続いて、岡田美術館が収蔵する《深川の雪》。三作の中で縦・横ともに最も大きい、文字通りの超大作です。

このコーナーでも何度かご紹介していますが、中央にS字に人物がレイアウトされた、動きのある構図。右上にいる包みを担ぐ女の姿は、寝具を料亭に運ぶ深川名物「通い夜具」です。

こちらは1802~06(享和2~文化3)年頃の作品、三作では最後、歌麿自身としても最晩年の作品と見られています。


喜多川歌麿《深川の雪》 江戸時代 享和2~文化3(1802~06)年頃 岡田美術館蔵

高精細複製画ですが、《品川の月》もご紹介しましょう。品川にある有名な妓楼の二階座敷の様子を、海を見渡す遠近法で描きました。

三作の中では最も早い1788(天明8)年頃の作品。左側の障子に映る男の姿で、夜を徹した遊楽を現しています。

右側の衝立には、同時代の画家・高嵩谷の署名も。三作とも画中画も正確で、歌麿自身が確かな画力を身に着けていた事を物語っています。


(原寸大高精細複製画)喜多川歌麿《品川の月》 原本:江戸時代 天明8(1788)年頃 フリーア美術館蔵

歌麿は美人画の錦絵は良く知られていますが、一方で肉筆画の数は少なく、確認されているのは40点ほど。本作もこれほど大きな絵をどのように描き、どこに掛けたのか。多くの謎が残されています。

いずれにしても、138年ぶりに実現した夢の展覧会。充実した特集展示「人物表現の広がり ─ 土偶・埴輪から近現代の美人画まで ─」(ここにも歌麿の肉筆画が2点展示されています)とあわせて、お楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月27日 ]

歌麿 決定版歌麿 決定版

浅野 秀剛 (監修)

平凡社
¥ 2,808


■「深川の雪」と「吉原の花」 に関するツイート


 
会場岡田美術館
開催期間2017年7月28日(金)~10月29日(日)
所在地 神奈川県箱根町小涌谷493-1
TEL : 0460-87-3931
HP : http://www.okada-museum.com/
展覧会詳細へ 歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会― 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社