インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  上杉家の名刀と三十五腰

上杉家の名刀と三十五腰

■戦国を生き抜いた武将の愛刀コレクション
【会期終了】 「上杉家三十五腰」といえば、刀剣ファンはピンとくる名宝の一群。三十五腰に名が挙がる名刀をはじめ、上杉家秘蔵の刀剣が一堂に会する初の展覧会が、伊豆・三島の佐野美術館で好評開催中です。
越後や米沢のイメージが強い上杉家ですが、実は佐野美術館がある伊豆もゆかりが深い場所。鎌倉時代に上杉憲房が伊豆の奈古屋(現 伊豆の国市奈古谷)の地頭職になった事を機に、上杉家は関東管領を歴任する名門へと成長していきました。

戦国時代は、長い太刀を磨り上げた(切り縮めて刀身を短くする事)武将が多い中、謙信はじめ上杉家の刀剣は、磨り上げてないものが多く残っています。また、謙信の愛刀《太刀 銘 豊後国行平作》の拵の金具には、秋草の繊細な毛彫りが施され、謙信の人柄が感じられます。

《御堂近火手配之図》は火事が起きた時、謙信の遺骸を収めた御堂の避難計画をまとめた文書。本壇の三方には刀を安置していたことが記載されており、謙信と刀剣の切り離せない関係を感じさせます。

上杉謙信といえば、毘沙門天。謙信が出陣の際に祈った泥足毘沙門天や、細かな細工がかわいらしい念持仏など、仏教関係の資料も多く展示されています。


プロローグ「上杉家名刀の成り立ち」、第一章「謙信時代の名刀」

謙信の跡を継いだ景勝も、名刀を数多く集めました。景勝が書いたとされる《上杉景勝腰物目録》は、「上杉三十五腰」のもとになったと言われる文書。ここには「ひめつる一もんし」「からかしわ」など、今回展示されている刀剣の名前も見ることができます。

景勝の集めた刀剣は、秀吉の好みを受けて、豪奢で拵も立派です。《名物 大柿正宗》は徳川家より拝領したものです。

上杉家は関ヶ原で敗れた後、国替え、減封と危機に陥りますが、刀剣は大切に受け継がれました。近代に作られた刀剣台帳や、江戸時代の砥ぎ直しの記録が残る保管用の白木の鞘などからは、誉高い家宝への想いを感じることができます。


第二章「景勝時代の名刀」、第三章「歴代藩主の刀剣」、第四章「大名家の刀剣管理」、エピローグ「未来へ」

この展覧会では、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する、上杉家ゆかりの「五虎退」と「謙信景光」が展示されており、三島市と刀剣乱舞がコラボを実施中。市内を巡るスタンプラリーや記念グッズの販売などが行われていますよ。

今回特別展示されている《名物 不動行光》は、精緻な不動明王の彫り物が特徴的な織田信長ゆかりと伝わる短刀で、なんと一般公開は40年ぶり。刀剣女子はもちろん、往年の刀剣ファンも見逃せない機会となっています。


人がお出迎え。国宝《短刀 銘 備州長船住景光 元亨三年三月日》埼玉県立歴史と民俗の博物館、重要美術品《短刀 銘 吉光(五虎退) 黒漆小サ刀拵》個人蔵、《短刀 銘 行光 名物 不動行光》

上杉家の歴史を感じる名刀揃いで見ごたえある展覧会は、米沢市上杉博物館埼玉県立歴史と民俗の博物館を巡回し、佐野美術館が最後の地となります。三島までは東京から新幹線で約1時間程度。ぜひ足を延ばしてみてください。

[ 取材・撮影・文:川田千沙/ 2018年1月10日 ]

日本刀は素敵 (WAC BUNKO)日本刀は素敵 (WAC BUNKO)

渡邉 妙子 (著)

ワック
¥ 944


■上杉家の名刀と三十五腰 に関するツイート


 
会場佐野美術館
開催期間2018年1月7日(日)~2018年2月18日(日)
所在地 静岡県三島市中田町1-43
TEL : 055-975-7278
HP : http://www.sanobi.or.jp/exhibition/uesugi_2017/
展覧会詳細へ 上杉家の名刀と三十五腰 詳細情報
インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
国立歴史民俗博物館「総合展示 第1展示室「先史・古代」リニューアル」
[エリアレポート]
「先史・古代」
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)「謎の蒔絵師 永田友治」
[エリアレポート]
「永田友治」展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ゴッホ展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― メスキータ展 特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」 MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社