インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  人体 -神秘への挑戦-

人体 -神秘への挑戦-

■謎に挑んだ足跡と現在
【会期終了】 身近な存在にも関わらず、解明されていない事も多い「人体」。その謎に迫るべく、先人たちもさまざまな挑戦を続けてきました。人体研究の歴史と、最先端の成果を紹介する展覧会が、国立科学博物館で開催中です。
昨年9月から今年3月にかけて、NHKスペシャルで放送された「人体 神秘の巨大ネットワーク」。タモリさんと山中伸弥さんによる軽快なナビゲートで人体の謎を解き明かすこの番組を、楽しんでいた方も多いと思います。

展覧会は番組と連動した企画展。高精細映像に加えて、世界各国から集められた貴重な資料が並ぶ3章構成です。

第1章「人体理解へのプロローグ」は、歴史資料が中心。人体研究が大きく進んだのは、ルネサンス期。ダ・ヴィンチは絵画制作のため人体を理解しようと、多くの解剖図を描きました。

古代ローマ時代から滞っていた人体理解を大きく進めたのが、近代解剖学の祖・ヴェサリウス。解剖図譜「ファブリカ」は、医学関係者でその存在を知らぬ人はいない、歴史的な資料です。

ひときわ目を引く人体模型は、キンストレーキ。19世紀に紙粘土でつくられた教育用の人体模型で、日本国内には4体しか現存しません。


第1章「人体理解へのプロローグ」

続く第2章「現代の人体理解とその歴史」が、展覧会のメインです。「循環器系と泌尿器系」「神経系」「消火器系と呼吸器系」「運動器系」「人体の発生と成長」という5つのサブカテゴリで、人体の構造と機能を紹介していきます。

臓器など人体の各部位が「なぜこのような形なのか」という問いに答えを出すのは、実は簡単ではありません。機能面では説明できない事例もある中で、大きなヒントとなるのが、他の動物との比較。会場では人間の臓器とともに、多くの動物の臓器も展示されています。

技術の発展は、人体研究に大きな成果を与えました。顕微鏡の発明により、毛細血管を流れる血液を確認した事で「血液の循環」が証明されました。

幻想的な「ネットワークシンフォニー」は、最新の研究成果を色や音で表現した空間です。脳からの指令で臓器が働くのではなく、臓器同士による情報のやりとり。‘クライアントサーバー型’ではなく‘P2P型’、と言えるかもしれません。


第2章「現代の人体理解とその歴史」

美しい「体内美術館」の写真を見ながら、第3章「人体理解の将来へ向けて」に続きます。

ゲノム解析は、今後の進歩が期待される分野。高速でDNA配列を決定できる次世代型シークエンサの開発により、DNAレベルでの縄文人の復顔が実現しました。3800年前の縄文人からも「A型の女性」「肌の色が濃い」「両親の血縁関係が近い」「お酒が強い」事まで分かります。


第3章「人体理解の将来へ向けて」

奥深い人体の世界をわかりやすく解説してくれる本展。会期は長めですが、すでに土日を中心に入場待ちの時間も出ているようです。混雑状況は公式ツイッターなどでご確認ください。現在の所、巡回の予定はなく国立科学博物館だけでの開催予定となっています。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年3月12日 ]

NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻

NHKスペシャル「人体」取材班 (編集)

東京書籍
¥ 2,916

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■人体 神秘への挑戦 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2018年3月13日(火)~6月17日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://jintai2018.jp/
展覧会詳細へ 人体 -神秘への挑戦- 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
山口県立美術館「没後400年 雲谷等顔展」
雲谷等顔展
東京国立博物館「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
京都 大報恩寺
京都国立博物館「特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」」
京のかたな
太田記念美術館「花魁ファッション」
花魁ファッション
国立新美術館「生誕110年 東山魁夷展」
東山魁夷展
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~」
「仏像の姿」
東京国立博物館「特別企画 斉白石」
斉白石
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
水戸芸術館現代美術ギャラリー「霧の抵抗 中谷芙二子」
[エリアレポート]
霧の抵抗
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶筅と数寄者往来」
[エリアレポート]
百の手すさび
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 フェルメール展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展
ムンク展―共鳴する魂の叫び フェルメール展 江戸絵画の文雅 ―魅惑の18世紀 国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社