インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  百花繚乱列島 江戸諸国絵師(うまいもん)めぐり

百花繚乱列島 江戸諸国絵師(うまいもん)めぐり

■マイナーは承知の上です
【会期終了】 江戸時代の絵師といえば、狩野探幽や尾形光琳、あるいは写楽や北斎、または人気の伊藤若冲。一般的にはこのぐらいですが、知られざる「ご当地絵師」は、各地にまだまだいます。蠣崎波響、小池曲江、鈴木鵞湖、紀楳亭、黒田稲皐…。ちょっと心配になってきました。名前、読めますか?
クイズのような書き出しで失礼しました。あえてメジャーな絵師にこだわらず、地方の画人に焦点を当てた展覧会です。

藩が違うことは、国が違うことに近かった江戸時代。文化的にも各地でさまざまな展開が見られ、その地に根差した「ご当地絵師」が活躍しました。

展覧会は地域別の構成で、第1章「百花繚乱!絵師列島への旅立ち ─ 北海道・東北・北関東ゆかりの画人たち」から。蠣崎波響(かきざきはきょう)は松前藩の家老。アイヌの肖像を描いた「夷酋列像」を、このコーナーでご紹介した事がありました。吊るされたエイを描いた《カスベ図》は、細部の表現がリアルです。

その土地の特徴ある風景を描くのも、ご当地絵師ならでは。《塩竃松島図巻》は、塩竃に生まれた小池曲江(こいけきょっこう)による作です。

見逃してほしくない一点が、根元常南(ねもとじょうなん)《旭潮鯨波図》。捕鯨ではなく、沖を泳ぐ鯨を遠景で表しました。「ホエールウォッチング図」という会場の解説は、言い得て妙です。


「百花繚乱!絵師列島への旅立ち ─ 北海道・東北・北関東ゆかりの画人たち」

第2章は「江戸 ─ 狩野派以外も大賑わい」。いつもの江戸絵画展なら主役になる章ですが、本展ではむしろ脇役。谷文晁や酒井抱一らは、比較的軽めの扱いです。

鈴木鵞湖(すずきがこ)は、千葉ゆかりの絵師(現在の船橋市出身)。息子は石井鼎湖(画家・版画家)、孫は石井柏亭(洋画家)・石井鶴三(彫刻家)と、三代続く芸術一家です。

第3章は「東海道を西へ ─ 尾張・伊勢・近江」。虫を徹底的に描いた《虫豸帖》は、伊勢国長島藩主の増山雪斎(ましやませっさい)。博物学を好む諸侯「博物大名」のひとりです。写生のために殺した虫の亡骸を大事に保管していたという、筋金入りの虫好きです。

紀楳亭(きばいてい)は、与謝蕪村の高弟。大津に住んだため「近江蕪村」と称されました。大津絵はユニークさがウリとはいえ、《大津絵見立忠臣蔵七段目図》はあまりも、というユルさです。


「江戸 ─ 狩野派以外も大賑わい」「東海道を西へ ─ 尾張・伊勢・近江」

第4章は「京・大坂 ─ 諸派の爛熟と上方の版画」。ここでも円山応挙や曾我蕭白は軽めのご紹介ですが、蕭白《渓流図襖》は新出の襖絵です。

明らかに異質な美人画を描いたのが、祇園井特(ぎおんせいとく)。写実的な面貌に対する異様な執念が、作品から滲み出ています。

第5章は「中国・四国地方と出会いの地・長崎」。長崎に生まれ、鳥取で活躍した片山楊谷(かたやまようこく)。《猛虎図》では、技術を誇るように体毛を描きます。

「鯉の稲皐」と称されるほど、写実的な鯉を得意にした黒田稲皐(くろだとうこう)。美しいだけでなく、鯉が持つ不気味な一面も見事に捉えています。


「京・大坂 ─ 諸派の爛熟と上方の版画」「中国・四国地方と出会いの地・長崎」

「ご当地絵師を一堂に集めて紹介する」という、いかにも手間がかかりそうな企画ですが、見事に北海道から長崎まで、個性的な画人が揃いました。江戸絵画の豊かさを、あらためて実感する事ができます。

名前を知らない人が多い事もあって、いつもより観覧時間がかかると思います。余裕を持ってお楽しみください。5月6日(日)までの前期と5月8日(火)からの後期で展示替えがありますが、リピーター割引も実施しています(半券の提示で2回目以降の観覧料が半額です)、「片手で持つと腱鞘炎になる」というヘビー級の図録(2,200円)もオススメです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年4月10日 ]

日本絵画の見方日本絵画の見方

榊原 悟(著)

KADOKAWA/角川学芸出版
¥ 1,836


■百花繚乱列島 に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2018年4月6日(金)~5月20日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 百花繚乱列島 江戸諸国絵師(うまいもん)めぐり 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「琉球 美の宝庫」
琉球 美の宝庫
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
三菱一号館美術館「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」
「ショーメ」展
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
東京国立博物館「特別展「縄文―1万年の美の鼓動」」
「縄文」展
神奈川県立歴史博物館「明治150年記念 真明解・明治美術」
真明解・明治美術
静嘉堂文庫美術館「─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物」
明治からの贈り物
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
平塚市美術館「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」
深堀隆介
太田記念美術館「落合芳幾」
落合芳幾
国立歴史民俗博物館「企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」」
おみやげ博物誌
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」
クレパス画展
出光美術館「「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ」
都市の華やぎ
千葉市美術館「木版画の神様 平塚運一展」
平塚運一
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
大阪歴史博物館 「明治維新150年NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」」
[エリアレポート]
西郷どん
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル 肖像芸術
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 生誕110年 田中一村展 フェルメール展
縄文―1万年の美の鼓動 「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ 特別展 人形師 辻村寿三郎 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018 スタート!!
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社