インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより

没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより

■世界中を魅了した「クロサワ」
【会期終了】 日本で6番目の国立美術館として、4月1日に発足した国立映画アーカイブ(旧:東京国立近代美術館フィルムセンター)。以前にも増して、映画文化の振興をはかる拠点としての積極的な活動が期待されています。新体制になって初めての企画展は、世界を席巻した黒澤明の映画ポスター展です。
つい先日も、是枝裕和監督の「万引き家族」が、カンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞するなど、国際的に高く評価されている日本映画。小津安二郎、今村昌平、宮崎駿、北野武など世界的な知名度を誇る日本人監督は数多くいますが、あえて1名だけ、と条件をつけたら、やはり黒澤明(1910-1998)でしょう。

黒澤明は1951年に「羅生門」がヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を受賞。その後も「生きる」「七人の侍」「蜘蛛巣城」と次々に名作を送り出し、アカデミー賞、ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭と、主要な映画賞・映画祭を総なめに。「世界のクロサワ」は、多くのファンを魅了し続けました。

国立映画アーカイブの開館記念となる本展は、世界30か国にわたる黒澤映画のポスター84点を展示する企画。貴重なポスターは、黒澤明研究家の槙田寿文氏のコレクションです。

現在でも映画のポスターは国によってデザインが異なる事はしばしばありますが、この時代のポスターは、その傾向が顕著です。映画の内容をデザイナーが自由に解釈したものも多く、「これは何の映画?」と首をひねるデザインも数多く見受けられます(逆に、差が大きいポスターこそ、見せ場ともいえます)。


会場

しばしば「お国がら」が出る、映画ポスター。批評家のコメントや受賞歴などが列記され、セールス的な要素が目立つのは、アメリカ。ポーランドなど旧東側諸国のポスターは、芸術的な要素が漂います。キューバのポスターは、もちろんシルクスクリーン。これは以前、このコーナーでもご紹介しました(取材記事はこちら)。

ユニークなポスターとともに、関連資料も展示。さまざまなトラブルで黒澤明が降板した「トラ・トラ・トラ!」のスタッフジャンパーは、超レアグッズです。

コレクション出品者の槙田寿文氏など、各氏によるトークイベントも開催されます。日程などは公式サイトでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年5月9日 ]

黒澤明 全作品と全生涯黒澤明 全作品と全生涯

都築政昭(著)

東京書籍
¥ 1,542


■旅する黒澤明 に関するツイート


 
会場国立映画アーカイブ
開催期間2018年4月17日(火)~9月23日(日)
所在地 東京都中央区京橋3-7-6
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.nfaj.go.jp
展覧会詳細へ 没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社