インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  岡本神草の時代展

岡本神草の時代展

■ようこそ、デロリ系へ。
【会期終了】 大正~昭和にかけて、京都画壇で独特の女性像を描いた岡本神草(1894~1933)。現在まで伝わる作品は多くありませんが、代表作《口紅》をはじめとした個性的な作品は、今でも強烈な輝きを放っています。京都から笠岡(岡山県)と巡回した展覧会が、千葉市美術館へ。東日本では唯一の開催です。
会場に入ると、いきなり《口紅》。神草の代表作というだけでなく、「大正から昭和にかけての京都画壇に於ける『美人画』の様相について語る時のアイコン」(小倉実子氏:展覧会図録より)といえます。

神草は神戸生まれ。美工(京都市立美術工芸学校)絵画科と絵専(京都市立絵画専門学校)では特待生になるなど、早くからその資質は認められていました。

この時代、世間で高い人気を誇っていたのが竹久夢二。神草も影響を受け(恋い焦がれていた女学生に、夢二の画集を見せてもらったからという説もあります)、さらに浮世絵の要素も取り入れた事で、作品は濃厚な官能性を帯びるようになります。

《口紅》は大正7年の第1回国展(国画創作協会展)で入選。京都画壇の頂点・竹内栖鳳にも絶賛されました。豪華な着物と、細く白い腕。何よりも舞妓の表情が、あまりにも妖しくて魅力的です。

翌年の第2回国展の出品を目指して描かれたのが《拳を打てる三人の舞妓》。ただ、間に合わずに断念。さらに翌年の第3回国展を目指しましたが、これも間に合わなかったため、中央だけを切断して出展。第3回帝展に遂に完成作を出品しましたが、これは現在は現在は消息不明になってしまいました。会場には草稿と、未成作、そして切断された作品の3点が並びます。

神草は脳溢血により38歳で急死。遅筆で寡作だった事もあり、現存する大作は3点のみ。小・中品も少なく、本展で現存作はほぼ出揃っています。初期の新南画風の作品や、官能性が弱まった昭和期の作品と、画業の変遷も見てとれます。



第1会場

第2会場では、神草の師匠である菊池契月とその門下生をはじめ、関連作家の作品が展示されています。

美工・絵専で教鞭を取った菊池契月。自らの画塾も設け、神草をはじめ多くの弟子を育てました。

木村斯光、梶原緋佐子らは神草と同じ契月門下。斯光もデカダンス風から、徐々に端整な美人画に変容。女流画家の梶原緋佐子は、生活感の漂う存在感の強い女性像が印象的です。

神草のライバルといえるのが、甲斐庄楠音。第1回国展に出品された《横櫛》は、神草の《口紅》と人気を二分しました。甲斐庄は後年は映画界に転身しています。

ニヤッと笑う強烈な《太夫》を描いたのは、稲垣仲静。将来を期待された画家でしたが、惜しくも25歳で亡くなっています。



第2会場

しばしば「デロリ」系と呼ばれる、これらの陰鬱でネットリした日本画は、洋画の岸田劉生らによる草土社からの影響を抜きには語れません。北方ルネサンスに傾倒し、徹底的な写実を追及した草土社。その波が大正時代の京都画壇にも及んだ、という構図です。

ただ、神草の作風の変遷を見ても分かるように、その系譜は長くは続きませんでした。昭和に入る頃になると影を潜め、今でもイメージしやすい、すっきりとした美人画が本流になっていきます。

正直、誰にでも愛される作品では無いかもしれませんが、この濃密さを前にすると、近代日本美術の幅の広さには驚くばかりです。個人的には、超が付くストライク。「おっ」と声を上げてしまう作品が多かったため、いつもより取材と撮影に時間がかかってしまいました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年5月31日 ]

あやしい美人画あやしい美人画

松嶋 雅人(著)

東京美術
¥ 1,944


■千葉市美術館 岡本神草 に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2018年5月30日(水)~7月8日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 岡本神草の時代展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア ゴッホ展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
フェルメール展 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ タータン 伝統と革新のデザイン
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社