インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  発掘された日本列島 2018

発掘された日本列島 2018

■「火砕流に斃れた古墳人」も
【会期終了】 日本の遺跡は46万カ所以上、毎年約8,000年もの発掘調査が行われています。近年の発掘調査の中から、全国的に注目された成果を紹介する恒例の企画展、今年は旧石器時代から近代までの17遺跡と7つの装飾古墳を紹介、江戸東京博物館で開催中です。
1995(平成7)年度からはじまった「発掘された日本列島展」。このコーナーでも2012年から毎年ご紹介しています(2012年2013年2014年2015年2016年2017年)。

いつも冒頭には目を引く出土品が展示されますが、今回は特別史跡 加曽利貝塚(千葉市)の貝塚断面がお出迎え。明治時代から調査が進む貝塚で、昨年10月、貝塚として初めて国の特別史跡に指定されました。

インパクトが強いのが、金井東裏遺跡(群馬県渋川市)から出土した「よろいを着た古墳人」。6世紀の榛名山噴火において、よろいを着たまま被災して倒れた人が見つかりました。通常、甲冑は副葬品として見つかる事が多く、着たままの状態で発見されたのは今回が初めてです。

「旧薩摩藩の近代化遺産」は幕末の資料。薩英戦争を契機に設置された火薬製造所跡からは、巨大な石臼が。製造所は明治維新後も使われましたが、西南戦争で西郷軍に使用される事を警戒され、政府が焼き払ってしまいました。奄美大島からは、日本最古級のレンガ造建築の遺構が発掘されています。


旧石器時代から近代までの17遺跡

毎回、テーマを定めて行われている特集コーナー。今回は装飾古墳です。日本には九州地方を中心に、600基以上の装飾古墳があります。

装飾の内容は時期や地域によってさまざま。古墳時代の人々の死生観などを知るために極めて重要な資料ですが、環境変化で劣化する可能性もあり、保存対策は急務。会場では東日本大震災や熊本地震で被災した装飾古墳も紹介されています。


7つの装飾古墳

展覧会に連動して、巡回展の会場ごとに地域展も開催。東京会場は「東京郷土資料陳列館と考古学」です。

かつて有栖川宮記念公園(港区)にあった東京郷土資料陳列館。公園の開園と同じ1934(昭和9)年に開館して考古資料などを展示した同館は、東京における公立歴史博物館のルーツともいえます。

ここでは陳列館の活動や、初代学芸員・片倉信光が収集したと思われる考古模型標本などが紹介されています。


地域展「東京郷土資料陳列館と考古学」

いつものように江戸博を皮切りに全国巡回。今年は石川、岐阜、広島、川崎に巡回します。会場と会期はこちらです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年6月1日 ]

発掘された日本列島2018発掘された日本列島2018

文化庁(著)

共同通信社
¥ 1,944

 
会場江戸東京博物館
開催期間2018年6月2日(土)~7月22日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
展覧会詳細へ 発掘された日本列島 2018 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
太田記念美術館「花魁ファッション」
花魁ファッション
山口県立美術館「没後400年 雲谷等顔展」
雲谷等顔展
国立新美術館「生誕110年 東山魁夷展」
東山魁夷展
京都国立博物館「特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」」
京のかたな
東京国立博物館「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
京都 大報恩寺
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
国立歴史民俗博物館「日本の中世文書 ― 機能と形と国際比較 ―」
日本の中世文書
三井記念美術館「特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~」
「仏像の姿」
東京国立博物館「特別企画 斉白石」
斉白石
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都庭園美術館「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」
[エリアレポート]
アール・デコと異境
水戸芸術館現代美術ギャラリー「霧の抵抗 中谷芙二子」
[エリアレポート]
霧の抵抗
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶筅と数寄者往来」
[エリアレポート]
百の手すさび
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 フェルメール展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展
ムンク展―共鳴する魂の叫び フェルメール展 江戸絵画の文雅 ―魅惑の18世紀 国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社