インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  発掘された日本列島 2018

発掘された日本列島 2018

■「火砕流に斃れた古墳人」も
【会期終了】 日本の遺跡は46万カ所以上、毎年約8,000年もの発掘調査が行われています。近年の発掘調査の中から、全国的に注目された成果を紹介する恒例の企画展、今年は旧石器時代から近代までの17遺跡と7つの装飾古墳を紹介、江戸東京博物館で開催中です。
1995(平成7)年度からはじまった「発掘された日本列島展」。このコーナーでも2012年から毎年ご紹介しています(2012年2013年2014年2015年2016年2017年)。

いつも冒頭には目を引く出土品が展示されますが、今回は特別史跡 加曽利貝塚(千葉市)の貝塚断面がお出迎え。明治時代から調査が進む貝塚で、昨年10月、貝塚として初めて国の特別史跡に指定されました。

インパクトが強いのが、金井東裏遺跡(群馬県渋川市)から出土した「よろいを着た古墳人」。6世紀の榛名山噴火において、よろいを着たまま被災して倒れた人が見つかりました。通常、甲冑は副葬品として見つかる事が多く、着たままの状態で発見されたのは今回が初めてです。

「旧薩摩藩の近代化遺産」は幕末の資料。薩英戦争を契機に設置された火薬製造所跡からは、巨大な石臼が。製造所は明治維新後も使われましたが、西南戦争で西郷軍に使用される事を警戒され、政府が焼き払ってしまいました。奄美大島からは、日本最古級のレンガ造建築の遺構が発掘されています。


旧石器時代から近代までの17遺跡

毎回、テーマを定めて行われている特集コーナー。今回は装飾古墳です。日本には九州地方を中心に、600基以上の装飾古墳があります。

装飾の内容は時期や地域によってさまざま。古墳時代の人々の死生観などを知るために極めて重要な資料ですが、環境変化で劣化する可能性もあり、保存対策は急務。会場では東日本大震災や熊本地震で被災した装飾古墳も紹介されています。


7つの装飾古墳

展覧会に連動して、巡回展の会場ごとに地域展も開催。東京会場は「東京郷土資料陳列館と考古学」です。

かつて有栖川宮記念公園(港区)にあった東京郷土資料陳列館。公園の開園と同じ1934(昭和9)年に開館して考古資料などを展示した同館は、東京における公立歴史博物館のルーツともいえます。

ここでは陳列館の活動や、初代学芸員・片倉信光が収集したと思われる考古模型標本などが紹介されています。


地域展「東京郷土資料陳列館と考古学」

いつものように江戸博を皮切りに全国巡回。今年は石川、岐阜、広島、川崎に巡回します。会場と会期はこちらです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年6月1日 ]

発掘された日本列島2018発掘された日本列島2018

文化庁(著)

共同通信社
¥ 1,944

 
会場江戸東京博物館
開催期間2018年6月2日(土)~7月22日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
展覧会詳細へ 発掘された日本列島 2018 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
森アーツセンターギャラリー「週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」
ジャンプ展VOL.3
国立新美術館「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」
「JOJO」展
国立科学博物館「特別展「昆虫」」
特別展「昆虫」
泉屋博古館分館「特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─」
狩野芳崖と四天王
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」
歌川広重
根津美術館「禅僧の交流―墨蹟と水墨画を楽しむ―」
禅僧の交流
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
横浜美術館「モネ それからの100年」
「モネ」展
マジック・ランタン 光と影の映像史
マジック・ランタン
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
東京富士美術館「長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」
ピッピの世界展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
大阪文化館・天保山(海遊館となり)「画業50年‟突破”記念 永井GO展」
[エリアレポート]
永井GO展
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ 特別展「王立宇宙軍 オネアミスの翼展 SFアニメができるまで」 生誕110年 東山魁夷展
フェルメール展 アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然 鴻池朋子「ハンターギャザラー」 入江明日香展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社