インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  木版画の神様 平塚運一展

木版画の神様 平塚運一展

■版業80年の幸福
【会期終了】 大正時代から1990年代まで活躍した木版画家・平塚運一(1895-1997)。創作版画家としては珍しく伝統的な彫版を身に着け、その高い技術は「木版画の神様」と称されるほどでした。生涯をかけて取り組んだ木版画を中心に、80年の版業をぴったり300点で振り返る展覧会が、千葉市美術館で開催中です。
江戸時代の浮世絵のように、絵師・彫師・摺師の協業で作られる木版画に対して、自画・自刻・自摺を旨とするのが創作版画。平塚運一は創作版画を代表する存在です。

展覧会は年代順で、第1章は「創作版画界の中心へ 1913-1932」。平塚は松江市生まれ。水彩画を絶賛されて洋画家の石井柏亭に入門するも、柏亭は平塚に浮世絵系の彫師・伊上凡骨を紹介。ここでの半年間の修行は、後の創作にとって大きな財産となりました。

作品に目を向けると、初期の作品から実に刀の使い方が多彩。一般的に創作版画家は、伝統木版画への対抗意識もあって、彫師の技術を軽視しがちですが、平塚はその技術をふまえた上で、自在に作品を生み出していきました。

昭和2年には著書『版画の技法』も刊行。日本版画協会や国画会版画部の創立にも尽力し、名実ともに創作版画界の第一人者になっていきます。


第1章「創作版画界の中心へ 1913-1932」

第2章は「多色摺の成熟、墨摺の幕開け 1933-1951」。この時期になると、多色摺の作品はますます成熟。鮮やかな色と単純化した構成で、自信に満ちた、鮮烈な大作が目立つようになります。

一方で、墨摺が目立つようになるのもこの時期。平塚は、摺った後に紙をあげて、墨を足して、また摺る「あげ摺り」という独特の手法を用いて、紙の地と深い墨のコントラストが際立つ作品を作っていきます。

輪郭がギザギザになっているのは、木槌でアイスキ(間透:ノミ状の彫刻刀)を叩いて彫る「突き彫り」で生まれたもの。ゴツゴツとした形態表現で、重量感をもたせています。


第2章「多色摺の成熟、墨摺の幕開け 1933-1951」

第3章は「黒白の版画は版画の極致である 1952-1961」。最も良い墨摺が出てくるのが、この時期です。

日本の創作版画にとって、1950年代は最も華やかな時代です。国際的な展覧会で版画家たちは受賞を重ね、平塚もその一員として位置づけられました。

平塚は、版画の極地は墨摺であると確信し、大型の墨摺作品を続々に制作していきました。会場には見ごたえがある大きな墨摺がたっぷり。平塚の代表的な墨摺作品の多くは、この時期に制作されたものです。


第3章「黒白の版画は版画の極致である 1952-1961」

第4章は「新天地アメリカ 1962-1996」。昭和37年に、三女が住んでいたワシントンD.C.に渡った平塚。1年ほどの滞在予定が、33年間住み続ける事となります。

アメリカの珍しい風景を、平塚は墨摺で制作。現地では東洋的な表現が驚きをもって迎えられ、平塚はアメリカでも活躍を続けます。

70歳を過ぎて夢中になった新たな題材は、なんと裸婦。生命力にあふれる裸婦像を集中的に制作しました。

1994年に帰国した平塚。懐かしい故郷である松江にも帰郷を果たしています。1997年、102歳の誕生日の翌日に死去。版業はなんと80年に及んでいます。


第4章「新天地アメリカ 1962-1996」

「彫り上げて いざ摺らんかな 初摺りの この嬉しさを 誰にか語らむ」。この詩を作品に表したのは、59歳の時でした。

いつでも制作の喜びに満ち溢れていた平塚。木版画に全幅の信頼をおいて真っすぐに進んだ、幸福の版画家といえるでしょう。

巡回はせずに、千葉市美術館だけでの開催となります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月17日 ]


 
会場千葉市美術館
開催期間2018年7月14日(土)~9月9日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 木版画の神様 平塚運一展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社