インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  木版画の神様 平塚運一展

木版画の神様 平塚運一展

■版業80年の幸福
【会期終了】 大正時代から1990年代まで活躍した木版画家・平塚運一(1895-1997)。創作版画家としては珍しく伝統的な彫版を身に着け、その高い技術は「木版画の神様」と称されるほどでした。生涯をかけて取り組んだ木版画を中心に、80年の版業をぴったり300点で振り返る展覧会が、千葉市美術館で開催中です。
江戸時代の浮世絵のように、絵師・彫師・摺師の協業で作られる木版画に対して、自画・自刻・自摺を旨とするのが創作版画。平塚運一は創作版画を代表する存在です。

展覧会は年代順で、第1章は「創作版画界の中心へ 1913-1932」。平塚は松江市生まれ。水彩画を絶賛されて洋画家の石井柏亭に入門するも、柏亭は平塚に浮世絵系の彫師・伊上凡骨を紹介。ここでの半年間の修行は、後の創作にとって大きな財産となりました。

作品に目を向けると、初期の作品から実に刀の使い方が多彩。一般的に創作版画家は、伝統木版画への対抗意識もあって、彫師の技術を軽視しがちですが、平塚はその技術をふまえた上で、自在に作品を生み出していきました。

昭和2年には著書『版画の技法』も刊行。日本版画協会や国画会版画部の創立にも尽力し、名実ともに創作版画界の第一人者になっていきます。


第1章「創作版画界の中心へ 1913-1932」

第2章は「多色摺の成熟、墨摺の幕開け 1933-1951」。この時期になると、多色摺の作品はますます成熟。鮮やかな色と単純化した構成で、自信に満ちた、鮮烈な大作が目立つようになります。

一方で、墨摺が目立つようになるのもこの時期。平塚は、摺った後に紙をあげて、墨を足して、また摺る「あげ摺り」という独特の手法を用いて、紙の地と深い墨のコントラストが際立つ作品を作っていきます。

輪郭がギザギザになっているのは、木槌でアイスキ(間透:ノミ状の彫刻刀)を叩いて彫る「突き彫り」で生まれたもの。ゴツゴツとした形態表現で、重量感をもたせています。


第2章「多色摺の成熟、墨摺の幕開け 1933-1951」

第3章は「黒白の版画は版画の極致である 1952-1961」。最も良い墨摺が出てくるのが、この時期です。

日本の創作版画にとって、1950年代は最も華やかな時代です。国際的な展覧会で版画家たちは受賞を重ね、平塚もその一員として位置づけられました。

平塚は、版画の極地は墨摺であると確信し、大型の墨摺作品を続々に制作していきました。会場には見ごたえがある大きな墨摺がたっぷり。平塚の代表的な墨摺作品の多くは、この時期に制作されたものです。


第3章「黒白の版画は版画の極致である 1952-1961」

第4章は「新天地アメリカ 1962-1996」。昭和37年に、三女が住んでいたワシントンD.C.に渡った平塚。1年ほどの滞在予定が、33年間住み続ける事となります。

アメリカの珍しい風景を、平塚は墨摺で制作。現地では東洋的な表現が驚きをもって迎えられ、平塚はアメリカでも活躍を続けます。

70歳を過ぎて夢中になった新たな題材は、なんと裸婦。生命力にあふれる裸婦像を集中的に制作しました。

1994年に帰国した平塚。懐かしい故郷である松江にも帰郷を果たしています。1997年、102歳の誕生日の翌日に死去。版業はなんと80年に及んでいます。


第4章「新天地アメリカ 1962-1996」

「彫り上げて いざ摺らんかな 初摺りの この嬉しさを 誰にか語らむ」。この詩を作品に表したのは、59歳の時でした。

いつでも制作の喜びに満ち溢れていた平塚。木版画に全幅の信頼をおいて真っすぐに進んだ、幸福の版画家といえるでしょう。

巡回はせずに、千葉市美術館だけでの開催となります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月17日 ]


 
会場千葉市美術館
開催期間2018年7月14日(土)~9月9日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 木版画の神様 平塚運一展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆 フェルメール展 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ クマのプーさん展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社