インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─

特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─

■「芳崖四天王」は、ご存知ですか
【会期終了】 室町から江戸。権力者の庇護を受け、画壇の覇者として君臨し続けた狩野派。400年以上続いた狩野派の終着点であり、近代日本画の起点とされている芳崖と、その知られざる4人の高弟を紹介する展覧会が、泉屋博古館分館で開催中です。
狩野芳崖は、幕末から明治期の日本画家で「近代日本画の父」と呼ばれています。東京美術学校(現・東京藝術大学)の教官に任命されましたが、《悲母観音》を描き上げた4日後の1888年11月5日、同校の開学を待たずに死去しました。

芳崖には4人の高弟がいました。芳崖を顕彰した功労者といえる岡倉秋水、自らを「仏画師」と称した高屋肖哲、草花図を得意とする岡不崩、山水画の本多天城。

彼らは「芳崖四天王」と呼ばれ、一目置かれた存在でしたが、師亡き後は、画壇と距離を置き、表舞台から姿を消します。本展では、知られざるその姿に迫ります。

1章「狩野芳崖と狩野派の画家たち」では、芳崖のほか、木挽町狩野家でともに切磋琢磨した盟友・橋本雅邦など、狩野派の正統性を受け継ぎ、近代日本の黎明期を生き抜いた作品が紹介されます。

芳崖の力強い筆遣いが印象的な《壽老人》。中国宋代の道士で、七福神にも登場する人物です。明暗を描き込み立体感ある表現は、すでに西洋絵画を意識しているようにも見えます。



2章「芳崖四天王」では、芳崖から東京美術学校、日本美術院へと続く革新的な近代日本画の流れとは異なる水脈を形成した、岡倉たちを紹介。近代日本画の多様性を示します。

芳崖の教えを信奉し続けた4人は、積極的に芳崖の顕彰に努めました。顕彰に最も積極的に取り組んだ岡倉秋水の《慈母観音図》は、芳崖の絶筆《悲母観音》(10月10日から展示)の模写です。

3章では、没線・主彩による「朦朧体」を紹介。当初「朦朧体」は、輪郭がはっきりせず、表現の目的が不可解であると非難されていました。ここでは、朦朧体の改良に奮闘した横山大観や菱田春草などの作品が展示されています。

展覧会と同時に見てほしいのが、図録です。高屋肖哲《悲母観音図 模写》に書き込まれた、細部の色や作画上の注意点は必見。弟子が亡き師の作品から学ぼうする意欲を感じ取ることができます。

前後期で展示替えがあります。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年9月14日 ]


狩野芳崖と四天王狩野芳崖と四天王

野地耕一郎(編集),平林彰(編集),椎野晃史(編集)

求龍堂
¥ 2,700


 
会場泉屋博古館分館
開催期間2018年9月15日(土)~10月28日(日)
所在地 東京都港区六本木1-5-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
展覧会詳細へ 特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─ 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社