インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  1968年 激動の時代の芸術

1968年 激動の時代の芸術

■ジャンルを横断、続く挑戦
【会期終了】 世界各地で社会的な事件が勃発し、近代的な価値が問い直される事となった1968年は、20世紀の転換点として位置づけられます。日本の芸術表現にとっても重要な、この年に焦点を当てた展覧会が千葉市美術館で開催中です。
文化史の中でも言及される事が増えた1968年。昨年、国立歴史民俗博物館でも「1968年 -無数の問いの噴出の時代-」展が開催されました。

歴博では主に社会運動を取り上げたのに対し、千葉市美は芸術がテーマ。美術はもちろんですが、演劇・舞踏・映画・建築・デザイン・漫画などの周辺も掘り下げ、時代の表現を横断的に紹介していきます。

会場は4つのセクション、各章が2~5の小コーナーで分割されています。

1章「激動の1968年」は、時代の振り返りから。学生運動や三里塚闘争、ベトナム反戦運動の他、三億円事件、永山事件、金嬉老事件もこの年です。

社会運動は美術界にも飛び火し、多摩美の学生が美術家共闘会議(美共闘)を結成。「日宣美粉砕共闘」「草月フィルム・アート・フェスティバル粉砕共闘会議」など、権威とみなされた団体は攻撃されました。

続いて、2章「1968年の現代美術」。赤瀬川原平と針生一郎ら関係者の中で、ベトナム反戦と芸術の関係においてスタンスの違いが論戦を生んだのは「反戦と解放展」です。

テクノロジーを用いた環境芸術やインターメディアが盛んになり、その結実といえるのが日本万国博覧会。一方で、権力の象徴としての万博に反対する動き(反博)も発生しました。


第1会場

3章「領域を超える芸術」では、美術以外に言及。唐十郎「状況劇場」、寺山修司「天井桟敷」らによるアングラ演劇。舞踏の土方巽も注目を集めました。

横尾忠則、宇野亜喜良らにより、イラストレーションが広まったのもこの時代。つげ義春、林静一に代表される「月刊漫画ガロ」は、漫画の可能性を次の段階に進めました。

LSDの幻覚体験から生まれた「サイケデリック」は、この時代を象徴するワードのひとつです。イラストや美術だけでなく、大衆文化にも波及しました。会場では赤坂にあった伝説のディスコ「MUGEN」のライトショーが再現され、当時の雰囲気も楽しめます。

第4章は「新世代の台頭」。写真の世界では、この年に写真同人誌「プロヴォーク」が創刊。「アレ、ブレ、ボケ」の不鮮明で攻撃的な写真を発表したのは、森山大道や中平卓馬らです。

石や木など、素材をそのまま作品とする「もの派」が登場したのも1968年です。関根伸夫は野外彫刻展で、大地に円柱型の穴を開け、その隣に掘り起こした土を穴と同じかたちに固めて置いた作品《位相-大地》を発表。現代美術に新しい流れをつくりました。


第2会場

多彩な表現が生まれた時代ですが、全てが後に繋がったわけではなく、一過性に終わったものがあるのも事実。ただ、あらゆる分野で新しい挑戦が繰り返されていたのは、この時代ならではといえます。

千葉市美術館でスタート、北九州市立美術館分館(2018年12月1日~2019年1月27日)、静岡県立美術館(2019年2月10日~3月24日)に巡回します。

なお、1968年生まれの人は、通常1,200円の観覧料が500円になるという太っ腹サービスも実施中です(年齢を確認できる証明書をお持ちください)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年9月26日 ]

美術展ぴあ2018秋冬美術展ぴあ2018秋冬

ぴあ

ぴあ
¥ 950

 
会場千葉市美術館
開催期間2018年9月19日(水)~11月11日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp
展覧会詳細へ 1968年 激動の時代の芸術 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
サントリー美術館「information
左脳と右脳
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社