インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展

国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展

■ロシアから愛・夢・希望を込めて
【会期終了】 ニコライ2世によって1895年に創設された、国立ロシア美術館。ロシア国内で最も古い美術館から、「愛」「夢」「希望」の3つのテーマに沿った絵画40点が、東京富士美術館にやってきました。風景や庶民の生活に焦点を当て、ロシア美術の精神性に迫ります。
18世紀初頭のロシアでは、ピョートル大帝のもと、政治だけでなく文化や芸術においても、西欧化が推し進められていました。その後、女帝エカテリーナ2世の時代には、西欧化の流れは更に顕著に。ロシア美術はヨーロッパで流行した新古典主義やロマン主義といった美術様式を取り入れ、独自の発展を続けてきました。

特有の雄大な自然、神話や英雄の理想主義的な歴史画をテーマにする一方、庶民を描いたリアリズム絵画も盛んになっていったロシア。本展では、自然や風俗を描いた作品、40点が紹介されます。

メインビジュアルにも使用されている《第九の怒涛》。海洋画家・イワン・アイヴァゾフスキーの作品で、最も良く知られています。

絵の主題は「9番目に来る波が最も破壊的」という言い伝えから。手前の人物からは、自然に抗う人間の強い生命力も感じます。

縦約2メートル、横約3メートルの超大作。並んで展示されている《大洪水》とともに見ると、その迫力に圧倒され、思わず立ちすくんでしまいます。ぜひ、会場で体感してみてください。



《魔法円を鋤で掘る》は、農村の風俗画の巨匠、グリゴリー・ミャソエードフの作品。

中央の炎を囲む人々の右側には、未婚の少女。村の女たちに連れられ、鋤を引いて歩います。「家畜の死神」が村へやってこないように、スラブ民族に古くから伝わる儀式です。

会場の最後を飾る幻想的な作品は、イリア・レーピンによる《サトコ》。ロシアの口承叙事詩「ブィリーナ」から、水中王国の商人・サトコ(男性)を描きました。

さまざまな国の美女に魅了されながらも、サトコは自分の花嫁にロシア人女性・チェルナヴァを選びます。画面右の黒い服の男性がサトコ、左上に薄く描かれているのがチェルナヴァ。運命に導かれるように、熱く視線を交わしています。

仮にサンクトペテルブルクを訪れても、どうしても優先されるのはエルミタージュ美術館のほう。なかなかロシア美術館までは足を伸ばせないと思います。40点がまとまって来日する貴重な機会、お見逃しなく。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年10月5日 ]

美術展ぴあ2018秋冬(ぴあMOOK)美術展ぴあ2018秋冬(ぴあMOOK)

ぴあ(編)

ぴあ
¥ 950

 
会場東京富士美術館
開催期間2018年10月7日(日)~12月24日(月)
所在地 東京都八王子市谷野町492-1
TEL : 042-691-4511
HP : http://www.fujibi.or.jp/
展覧会詳細へ 国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社