インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  バッドアート美術館展

バッドアート美術館展

■確かに酷いです。が…
【会期終了】 米国・ボストンにあるバッドアート美術館(Museum Of Bad Art:MOBA)。他の美術館に入る事はありえない「酷すぎて目をそらせない」アートを収集・保存・展示しています。作品110点はすべて初来日、最初で最後かもしれない展覧会が、Gallery AaMoで開催中です。
バッドアート美術館のきっかけは、ボストンの画商がごみの中から拾った1枚のアート。画商は、絵を処分して額縁を売るつもりでしたが、画商の友人がその絵を気に入って自宅に飾った事から、バッドアートが収集されるようになりました。

バッドアート作品の収集には基準があり、あくまでも誰かが真剣に描いた作品であることが前提。わざと描かれた酷い絵は、対象外です。真剣に描いたにも関わらず面白く、さらに人を惹きつける力を持っている事が必要で、今では800点超のバッドアートが集まりました。

本展は日本初のバッドアート美術館展。会場は以下の7章構成です。

 肖像画ならぬ「笑像画」 人間って難しいよね
 ありそうにない風景画・静物画 象徴の華麗なミスマッチ
 ぬーど絵画集 ※ぬーど的な描写を含みます。
 バッドアート動物園 モフモフ!パタパタ!ピチピチ!
 ドッペルゲン画 ─ 知ってか知らずか、有名人に似てしまった絵
 バッドアート運動会 反則覚悟の絵画たち
 溢れ出る宗教観(悪気は全くありません!)

展覧会のスペシャルサポーターには、漫画家のしりあがり寿さんが就任。しりあがり寿さんが気になった作品には、ユーモラスな解説がつけられています。



一般的な美術展とは違い、お笑い要素に溢れた企画。作品は多くが額装無しで、会場もあえてチープ感が強く出ているため、美術展に「眼福」を求める方は、もちろん不向きです。

展覧会の意図は理解しつつ、あえてこの項でご紹介するのは、微妙な感覚を覚えたから。「美しく無い」「上手く無い」にも関わらず「人を惹き付ける」作品は、実は一般的な展覧会(特に現代美術)では、しばしば見られます。

しりあがり寿さんの突っ込みが入っていたのは、マリアを撫でるセクハラっぽい作品や、キャンバスをショットガンで撃った作品など。ただ、ニキ・ド・サンファルは「射撃絵画」で名を馳せましたし、娘が父に母乳を与えるルーベンス「ローマの慈愛(キモンとペロ)」も、現代の感覚では相当違和感があります。

‘バッドアート’と‘グッドアート’の境界は、実は曖昧なのかもしれません。

ちなみにバッドアート美術館は、CNNが2017年に選んだ「15 of the world's weirdest museums」(世界で最も奇妙なミュージアム15選)において、2番目で紹介されています。日本では唯一、安藤百福発明記念館 大阪池田(旧:インスタントラーメン発明記念館)が12番目、1番目は北京自来水博物館でした。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月21日 ]


料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Gallery AaMo
開催期間2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)
所在地 東京都文京区後楽1-3-61
TEL : 03-5800-9999
HP : https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/MOBA2018.html
展覧会詳細へ バッドアート美術館展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
東京国立近代美術館「イメージコレクター・杉浦非水展」
杉浦非水展
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社