インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  バッドアート美術館展

バッドアート美術館展

■確かに酷いです。が…
【プレゼント12/13まで】 米国・ボストンにあるバッドアート美術館(Museum Of Bad Art:MOBA)。他の美術館に入る事はありえない「酷すぎて目をそらせない」アートを収集・保存・展示しています。作品110点はすべて初来日、最初で最後かもしれない展覧会が、Gallery AaMoで開催中です。
バッドアート美術館のきっかけは、ボストンの画商がごみの中から拾った1枚のアート。画商は、絵を処分して額縁を売るつもりでしたが、画商の友人がその絵を気に入って自宅に飾った事から、バッドアートが収集されるようになりました。

バッドアート作品の収集には基準があり、あくまでも誰かが真剣に描いた作品であることが前提。わざと描かれた酷い絵は、対象外です。真剣に描いたにも関わらず面白く、さらに人を惹きつける力を持っている事が必要で、今では800点超のバッドアートが集まりました。

本展は日本初のバッドアート美術館展。会場は以下の7章構成です。

 肖像画ならぬ「笑像画」 人間って難しいよね
 ありそうにない風景画・静物画 象徴の華麗なミスマッチ
 ぬーど絵画集 ※ぬーど的な描写を含みます。
 バッドアート動物園 モフモフ!パタパタ!ピチピチ!
 ドッペルゲン画 ─ 知ってか知らずか、有名人に似てしまった絵
 バッドアート運動会 反則覚悟の絵画たち
 溢れ出る宗教観(悪気は全くありません!)

展覧会のスペシャルサポーターには、漫画家のしりあがり寿さんが就任。しりあがり寿さんが気になった作品には、ユーモラスな解説がつけられています。



一般的な美術展とは違い、お笑い要素に溢れた企画。作品は多くが額装無しで、会場もあえてチープ感が強く出ているため、美術展に「眼福」を求める方は、もちろん不向きです。

展覧会の意図は理解しつつ、あえてこの項でご紹介するのは、微妙な感覚を覚えたから。「美しく無い」「上手く無い」にも関わらず「人を惹き付ける」作品は、実は一般的な展覧会(特に現代美術)では、しばしば見られます。

しりあがり寿さんの突っ込みが入っていたのは、マリアを撫でるセクハラっぽい作品や、キャンバスをショットガンで撃った作品など。ただ、ニキ・ド・サンファルは「射撃絵画」で名を馳せましたし、娘が父に母乳を与えるルーベンス「ローマの慈愛(キモンとペロ)」も、現代の感覚では相当違和感があります。

‘バッドアート’と‘グッドアート’の境界は、実は曖昧なのかもしれません。

ちなみにバッドアート美術館は、CNNが2017年に選んだ「15 of the world's weirdest museums」(世界で最も奇妙なミュージアム15選)において、2番目で紹介されています。日本では唯一、安藤百福発明記念館 大阪池田(旧:インスタントラーメン発明記念館)が12番目、1番目は北京自来水博物館でした。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月21日 ]


料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Gallery AaMo
開催期間2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)
所在地 東京都文京区後楽1-3-61
TEL : 03-5800-9999
HP : https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/MOBA2018.html
展覧会詳細へ バッドアート美術館展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社