インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  バッドアート美術館展

バッドアート美術館展

■確かに酷いです。が…
【会期終了】 米国・ボストンにあるバッドアート美術館(Museum Of Bad Art:MOBA)。他の美術館に入る事はありえない「酷すぎて目をそらせない」アートを収集・保存・展示しています。作品110点はすべて初来日、最初で最後かもしれない展覧会が、Gallery AaMoで開催中です。
バッドアート美術館のきっかけは、ボストンの画商がごみの中から拾った1枚のアート。画商は、絵を処分して額縁を売るつもりでしたが、画商の友人がその絵を気に入って自宅に飾った事から、バッドアートが収集されるようになりました。

バッドアート作品の収集には基準があり、あくまでも誰かが真剣に描いた作品であることが前提。わざと描かれた酷い絵は、対象外です。真剣に描いたにも関わらず面白く、さらに人を惹きつける力を持っている事が必要で、今では800点超のバッドアートが集まりました。

本展は日本初のバッドアート美術館展。会場は以下の7章構成です。

 肖像画ならぬ「笑像画」 人間って難しいよね
 ありそうにない風景画・静物画 象徴の華麗なミスマッチ
 ぬーど絵画集 ※ぬーど的な描写を含みます。
 バッドアート動物園 モフモフ!パタパタ!ピチピチ!
 ドッペルゲン画 ─ 知ってか知らずか、有名人に似てしまった絵
 バッドアート運動会 反則覚悟の絵画たち
 溢れ出る宗教観(悪気は全くありません!)

展覧会のスペシャルサポーターには、漫画家のしりあがり寿さんが就任。しりあがり寿さんが気になった作品には、ユーモラスな解説がつけられています。



一般的な美術展とは違い、お笑い要素に溢れた企画。作品は多くが額装無しで、会場もあえてチープ感が強く出ているため、美術展に「眼福」を求める方は、もちろん不向きです。

展覧会の意図は理解しつつ、あえてこの項でご紹介するのは、微妙な感覚を覚えたから。「美しく無い」「上手く無い」にも関わらず「人を惹き付ける」作品は、実は一般的な展覧会(特に現代美術)では、しばしば見られます。

しりあがり寿さんの突っ込みが入っていたのは、マリアを撫でるセクハラっぽい作品や、キャンバスをショットガンで撃った作品など。ただ、ニキ・ド・サンファルは「射撃絵画」で名を馳せましたし、娘が父に母乳を与えるルーベンス「ローマの慈愛(キモンとペロ)」も、現代の感覚では相当違和感があります。

‘バッドアート’と‘グッドアート’の境界は、実は曖昧なのかもしれません。

ちなみにバッドアート美術館は、CNNが2017年に選んだ「15 of the world's weirdest museums」(世界で最も奇妙なミュージアム15選)において、2番目で紹介されています。日本では唯一、安藤百福発明記念館 大阪池田(旧:インスタントラーメン発明記念館)が12番目、1番目は北京自来水博物館でした。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月21日 ]


料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Gallery AaMo
開催期間2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)
所在地 東京都文京区後楽1-3-61
TEL : 03-5800-9999
HP : https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/MOBA2018.html
展覧会詳細へ バッドアート美術館展 詳細情報
取材レポート
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社