インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  Meet the Collection ―アートと人と、美術館

Meet the Collection ―アートと人と、美術館

■平成の時代とともに
【会期終了】 1989年に開館した横浜美術館。丹下健三による重厚感ある建物と、1万2千点を超える質の高いコレクションは、美術ファンにはすっかりお馴染みになりました。30周年のメモリアル年度のスタートは、全館を利用したコレクション展。4人のゲスト・アーティストも参加しています。
美術館の周年記念展といえば「自慢のコレクションを大公開」というスタイルが定番。幅広いコレクションがある横浜美術館だけに、それでも十分な展覧会になると思いますが、今回はさらにひとひねりしました。活躍中のアーティスト4人が参加し、コレクション作品と同じ空間に並べる事で、作品同士の化学反応を狙っています。

会場は大きく2部構成。さらに細かく分かれ、全体では7章構成になります。動線はいつもと逆、入って左側のエスカレーターから上ります。

第Ⅰ部は【LIFE:生命のいとなみ】。冒頭の「こころをうつす」の章に、一人目のアーティストが登場。束芋(1975-)さんの映像作品《あいたいせいじょせい》です。周囲に流されてしまう女性をテーマにした映像。同じ展示室に並ぶコレクションは、日本画を中心に、女性の情念を感じさせる作品がセレクトされました。

束芋さんは、2009年に横浜美術館で個展「束芋:断面の世代」を開催しました。同館での展示は、ちょうど10年ぶりとなります。

「いのちの木」の章には、淺井裕介(1981-)さん。淺井さんはテープや泥などの身近な素材で、大きな空間を飾るような作品を制作します。横浜美術館では、2007年に若手作家支援プログラム「New Artist Picks」で、個展「根っこのカクレンボ」を開催しました。

今回は約2週間かけて、円筒形の展示室の壁面全てに作品を制作。ミロ、エルンスト、シャガールなどによる、植物や動物を主題にした作品が、淺井さんの作品に包まれます。



第Ⅱ部は【WORLD:世界のかたち】。ここも最初の「イメージをつなぐ」の章に、ゲスト・アーティストの今津景(1980-)さんの作品があります。

イメージを集めてコンピューターで繋ぎあわせた上で、油彩画にする今津さん。その制作プロセスは、シュルリアリスムを彷彿させます。展示室には、エルンスト、マン・レイ、マグリット、ダリなど。最奥に展示された、今津さんの大作《Repatriation》から溢れ出ているような構成です。

他の3名と異なり、今津さんは横浜美術館での展示経験は無し。初めての接点が、大きなチャレンジとなります。

「モノからはじまる」の章には、菅木志雄(1944-)さん。「もの派」の代表的作家で、精力的に活躍している菅さんは、20年間に横浜美術館で個展「菅木志雄―スタンス」を開催。展示空間に合わせた、大規模なインスタレーション作品をつくりました。今回は20年ぶりに再展示、あわせて、師といえる斎藤義重らの作品も並びます。

いつもは写真が並ぶ最後の展示室では、横浜美術館の活動のあゆみを、平成の時代背景とともに紹介。横浜美術館が開館した1989年は、ちょうど平成元年。本展の会期中に平成は終わりを迎えます。

横浜美術館は、今年度いっぱいが30周年の記念イヤーです。7月からは「原三溪の美術」、9月からは「ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」が開催されます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年4月12日 ]

美術館&博物館さんぽ 首都圏版美術館&博物館さんぽ 首都圏版

ぴあ(編)

ぴあ
¥ 994

 
会場横浜美術館
開催期間2019年4月13日(土)~6月23日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : https://yokohama.art.museum/special/2019/MeetTheCollection/
展覧会詳細へ Meet the Collection ―アートと人と、美術館 詳細情報
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社