インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

■個人コレクションなのに、浮世絵史を網羅
【会期終了】 ボストン美術館、V&A博物館など、優れた浮世絵コレクションを持つ美術館はいくつもありますが、米国オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館はあまり知られていないかもしれません。ひとりの米国人女性が集めた貴重なコレクション、初の里帰り展が千葉市美術館で開催中です。
1,500点以上の浮世絵を蒐集してオーバリン大学に寄贈した、メアリー・エインズワース(1867-1950)。明治39年(1906)の日本旅行で目にした浮世絵に魅了された事が、蒐集のきっかけです。

オーバリン大学の卒業生だった彼女は、亡くなった時にコレクションを同大学に寄贈。貴重な作品も含まれますが、これまで米国でも大規模な展覧会が行われたことがありませんでした。

本展は、選りすぐりの200点を紹介する里帰り展。エインズワースが浮世絵に注いだ情熱を、5章構成で振り返ります。

1章は「浮世絵の黎明 墨摺絵からの展開」。エインズワースが最初に購入した浮世絵は、石川豊信《 傘と提灯を持つ佐野川市松》。墨摺絵に筆で紅の彩色を施した「紅絵」で、浮世絵の初期作品です。

多くの浮世絵コレクターが派手な錦絵を好む中、エインズワースはこの作品の素朴さと力強さに惹かれたのでしょうか。浮世絵蒐集のきっかけとしては、珍しいパターンです。

2章は「色彩を求めて 紅摺絵から錦絵の時代へ」。浮世絵の技術は進歩し、寛保・延享期(1741-48)には「紅摺絵」が登場。明和期(1764-72)になると、フルカラーの「錦絵」が誕生します。

この時代の第一人者が、鈴木春信です。中性的な美人や若衆で人気を博し、急逝した後も「春信風の美人」は多くの絵師に模倣されました。



3章は「錦絵の興隆 黄金期の華 清長から歌麿へ」。当初は高級品だった錦絵も、徐々に大衆まで拡大。天明~寛政期(1781-1801)は、数々の絵師が腕を競う、浮世絵黄金時代といえます。

美人画では鳥居清長や、次世代の喜多川歌麿、鳥文斎栄之。役者絵は勝川派や、歌川豊国、歌川国政など。現在では評価が高い東洲斎写楽は、当時は人気が低かったので、活動は短期間でした。

4章は「風景画時代の到来 北斎と国芳」。風景画の存在感が高まったのは、葛飾北斎『冨嶽三十六景』シリーズから。エインズワースも北斎の良品を蒐集しており、初期に名乗っていた「春朗」時代の作品を4点も持っている事も特筆されます。

5章は「エインズワースの愛した広重」。エインズワースのコレクションのほぼ半分を占めるのが、歌川広重です。

広重には、意図的に版や摺を変えた作品がしばしばあります。本展でも、ゴッホが模写した事で有名な「大はしあたけの夕立」などで、複数の作品を展示。かなり印象が異なる事が実感できます。

コレクターの趣味や嗜好が反映される事が多い個人コレクションですが、エインズワースの浮世絵は実に網羅的。初期から幕末まで幅広く、しかもポイントになる絵師をきちっと抑えているので、まるで浮世絵の教科書のような展覧会です。

初期浮世絵の中には、このコレクションでしか確認できない作品や、横に複数つなげた続物(つづきもの)も多いので、見ごたえたっぷり(歌麿の7枚続も!)。

日本では初めての公開となるため、浮世絵の展覧会としては珍しく展示替えもありません。

巡回展で、千葉市美術館からスタート。次いで静岡市美術館(6/8~7/28)、大阪市立美術館(8/10~9/29)に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年4月16日 ]

美術館&博物館さんぽ 首都圏版美術館&博物館さんぽ 首都圏版

ぴあ(編)

ぴあ
¥ 994

 
会場千葉市美術館
開催期間2019年4月13日(土)~5月26日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ メアリー・エインズワース浮世絵コレクション 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社