インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

■英国海運王・バレルのコレクション、奇跡の来日
【会期終了】 産業革命期に、英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレル(1861-1958)。本国でしか見ることができなかったバレル・コレクションが、奇跡の来日を果たし、日本5都市を巡回しています。3会場目は、東京・渋谷区のBunkamura ザ・ミュージアムです。
ウィリアム・バレルは、1861年に英国・スコットランドの海港都市・グラスゴーに、9人兄弟の三男として生まれました。15歳で家業の艤装(ぎそう)業を手伝い始め、24歳で父の後を継ぎました。その後、船舶の売買で大成功し「海運王」と称されました。

バレルは1890年代から1920年代にかけて、同郷の画商、アレクサンダー・リードから作品を購入。古今東西の美術工芸品を収集しました。

1944年、バレルはコレクションのうち数千点以上をグラスゴー市へ寄贈しました。寄贈の条件は、当時深刻な社会問題であった大気汚染の影響が少ない郊外にコレクションを展示すること、英国外には貸し出さないことでした。

寄贈条件により、国外への貸し出しが禁止されていたバレル・コレクション。国外への貸し出しを可能にしたのは、2014年に英国女王の裁可を得た遺産条項の改訂です。これにより、バレル・コレクションが国外で見られるようになりました。

本展では、バレル・コレクションの中でも有名なエドガー・ドガの《リハーサル》を中心に、3章に分けて紹介。人物や花などの静物画、郊外で働く人々を描いた作品、そして海景画が展示されます。


会場風景・マテイス・マリス《蝶》1874年

バレエを主題とした作品を多く描いた、エドガー・ドガ。《リハーサル》は、2016年にオーストラリアで開催され、世界70以上の美術館から出品された大回顧展の図録の表紙を飾った作品です。若いダンサーたちを大胆な構図で描いた、門外不出の傑作です。

《蝶》を描いたマテイス・マリスは、ハーグ派の画家です。特に褐色を多用することから、褐色の画家とも言われています。

地味な色で写実的な絵を描いていたマリス。1869年にパリへ移ると褐色への偏愛は保ちつつ、主題によって華やかな色を大胆に扱うようになりました。その趣向は1877年以降のロンドン時代初期まで続きます。

《蝶》はパリ時代の典型的な作品。花に囲まれ、髪を波打たせた仰向きの乙女像は、ラファエル前派のミレイの《オフィーリア》を連想させます。背景の幽玄な色調は、場所によっては11層の絵具を塗り重ねられて描かれています。

貴重なバレル・コレクションが日本で観覧できるチャンス。2018年から日本の各都市を巡回しており、東京展の後は静岡・広島で開催されます。巡回先の詳しい会期と会場は、こちらをご覧ください。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年4月26日 ]

大人が観たい美術展 2019大人が観たい美術展 2019

時空旅人(編)

三栄書房
¥ 907

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2019年4月27日(土)~6月30日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/19_burrell/
展覧会詳細へ 印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社