インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ― メトロポリタン美術館所蔵

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ― メトロポリタン美術館所蔵

■世界を魅了する、日本の竹工芸
【会期終了】 メトロポリタン美術館で、一昨年に開催された「Japanese Bamboo Art: The Abbey Collection(日本の竹工芸:アビー・コレクション)」展。47万人以上を動員し、大きな話題となりました。世界が注目する日本近現代の竹工芸を紹介する展覧会が、東京国立近代美術館工芸館で開催中です。
展覧会は、ニューヨークのアビー夫妻が収集した日本の近現代の竹工芸作品「アビー・コレクション」の里帰り展。同コレクションが日本で披露されるのは、今回が初めてです。

日本では九州から東北まで自生する竹(一部は北海道も)。極めて成長が早く、強靭で弾力性に富む竹は、生活の道具から建築資材まで、古くから幅広く使われてきました。

日本の竹工芸の水準を広く世界に知らしめたのは、ロサンゼルスの故ロイド・コッツェンです。米国の化粧品大手ニュートロジーナの社長だったコッツェンは、膨大な数の竹工芸を収集。展覧会はアメリカを巡回し、2004年に日本でも紹介されました。

ダイアン&アーサー・アビー夫妻も、1999年にニューヨークのアジア協会で展示されたコッツェンのコレクションを見て、竹工芸の美しさと優雅さに感激。自らも収集をはじめました。

「作品収集の基準は作品への愛情」と語るアビー夫妻ですが、そのコレクションには歴史的に重要な作家のほか、第一線で活躍中の気鋭の作家も含まれ、充実した内容は高く評価されています。

展覧会は、冒頭の展示室でダイジェスト的に主要作品を紹介。次いで、日本における主な竹工芸の生産地である、東日本・西日本・九州と、地域別に作品を展示。途中で現代の竹工芸作品をまとめて見せていきます。



東日本で竹工芸の近代化を進めたのが、栃木出身の二代飯塚鳳斎(いいづかほうさい)と、その弟の飯塚琅玕斎(ろうかんさい)。大正から昭和初期に展覧会に出展し、竹工芸の「作家」として、その地位を確立させました。

戦後も東日本からは多くの優れた竹工芸家が生まれ、日展などを舞台に独創的な作品を発表しています。

一方の西日本。大阪は茶の文化の中心地だったため、花籠や盛籠などの竹製品は鑑賞の対象でした。文人らの支援を受けた籠師は、国内外の博覧会などで活躍しました。

美術製籠家として自らの創作に銘を刻したのが、初代早川尚古斎(はやかわしょうこさい)。初代田辺竹雲斎(たなべちくうんさい)は、竹工芸の近代化を進めました。

九州は、大分・別府が竹工芸の産地。優良な竹材を背景に、名工が活躍しました。生野祥雲斎(しょうのしょううんさい)は、大戦を挟んだ時期に竹工芸作家として一時代を築き、1967年に竹工芸初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

展覧会は大分・東京・大阪とまわる巡回展。アビー・コレクションだけでなく、それぞれの館が所有する作品もあわせて展示し、竹工芸の造形美を感じてもらう構成です。東京展では工芸館が所有する近代工芸の名品60点も展示されています。

なお、この後に開催される大阪展(2019年12月21日~2020年4月12日、大阪市立東洋陶磁美術館)では、四代田辺竹雲斎による竹のインスタレーションも設置される予定です。

伝統工芸の作家でありながら、ダイナミックなインスタレーションも手掛ける四代田辺竹雲斎は、今もっとも注目を集めているアーティストのひとり。展示構成の導入部分に設置されるとの事、こちらも楽しみです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月12日 ]

※写真の作品は全てアビー・コレクション メトロポリタン美術所蔵
The Abbey Collection,“Promised Gift of Diane and Arthur Abbey to The Metropolitan Museum of Art.”

メトロポリタン美術館ガイド 日本語版メトロポリタン美術館ガイド 日本語版

エリクセン・トランスレーションズ・インク

メトロポリタン美術館
¥ 4,504

 
会場東京国立近代美術館工芸館
開催期間2019年9月13日(金)~12月8日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.momat.go.jp/
展覧会詳細へ 竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ― メトロポリタン美術館所蔵 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社