インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ― メトロポリタン美術館所蔵

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ― メトロポリタン美術館所蔵

■世界を魅了する、日本の竹工芸
【会期終了】 メトロポリタン美術館で、一昨年に開催された「Japanese Bamboo Art: The Abbey Collection(日本の竹工芸:アビー・コレクション)」展。47万人以上を動員し、大きな話題となりました。世界が注目する日本近現代の竹工芸を紹介する展覧会が、東京国立近代美術館工芸館で開催中です。
展覧会は、ニューヨークのアビー夫妻が収集した日本の近現代の竹工芸作品「アビー・コレクション」の里帰り展。同コレクションが日本で披露されるのは、今回が初めてです。

日本では九州から東北まで自生する竹(一部は北海道も)。極めて成長が早く、強靭で弾力性に富む竹は、生活の道具から建築資材まで、古くから幅広く使われてきました。

日本の竹工芸の水準を広く世界に知らしめたのは、ロサンゼルスの故ロイド・コッツェンです。米国の化粧品大手ニュートロジーナの社長だったコッツェンは、膨大な数の竹工芸を収集。展覧会はアメリカを巡回し、2004年に日本でも紹介されました。

ダイアン&アーサー・アビー夫妻も、1999年にニューヨークのアジア協会で展示されたコッツェンのコレクションを見て、竹工芸の美しさと優雅さに感激。自らも収集をはじめました。

「作品収集の基準は作品への愛情」と語るアビー夫妻ですが、そのコレクションには歴史的に重要な作家のほか、第一線で活躍中の気鋭の作家も含まれ、充実した内容は高く評価されています。

展覧会は、冒頭の展示室でダイジェスト的に主要作品を紹介。次いで、日本における主な竹工芸の生産地である、東日本・西日本・九州と、地域別に作品を展示。途中で現代の竹工芸作品をまとめて見せていきます。



東日本で竹工芸の近代化を進めたのが、栃木出身の二代飯塚鳳斎(いいづかほうさい)と、その弟の飯塚琅玕斎(ろうかんさい)。大正から昭和初期に展覧会に出展し、竹工芸の「作家」として、その地位を確立させました。

戦後も東日本からは多くの優れた竹工芸家が生まれ、日展などを舞台に独創的な作品を発表しています。

一方の西日本。大阪は茶の文化の中心地だったため、花籠や盛籠などの竹製品は鑑賞の対象でした。文人らの支援を受けた籠師は、国内外の博覧会などで活躍しました。

美術製籠家として自らの創作に銘を刻したのが、初代早川尚古斎(はやかわしょうこさい)。初代田辺竹雲斎(たなべちくうんさい)は、竹工芸の近代化を進めました。

九州は、大分・別府が竹工芸の産地。優良な竹材を背景に、名工が活躍しました。生野祥雲斎(しょうのしょううんさい)は、大戦を挟んだ時期に竹工芸作家として一時代を築き、1967年に竹工芸初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

展覧会は大分・東京・大阪とまわる巡回展。アビー・コレクションだけでなく、それぞれの館が所有する作品もあわせて展示し、竹工芸の造形美を感じてもらう構成です。東京展では工芸館が所有する近代工芸の名品60点も展示されています。

なお、この後に開催される大阪展(2019年12月21日~2020年4月12日、大阪市立東洋陶磁美術館)では、四代田辺竹雲斎による竹のインスタレーションも設置される予定です。

伝統工芸の作家でありながら、ダイナミックなインスタレーションも手掛ける四代田辺竹雲斎は、今もっとも注目を集めているアーティストのひとり。展示構成の導入部分に設置されるとの事、こちらも楽しみです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月12日 ]

※写真の作品は全てアビー・コレクション メトロポリタン美術所蔵
The Abbey Collection,“Promised Gift of Diane and Arthur Abbey to The Metropolitan Museum of Art.”

メトロポリタン美術館ガイド 日本語版メトロポリタン美術館ガイド 日本語版

エリクセン・トランスレーションズ・インク

メトロポリタン美術館
¥ 4,504

 
会場東京国立近代美術館工芸館
開催期間2019年9月13日(金)~12月8日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.momat.go.jp/
展覧会詳細へ 竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ― メトロポリタン美術館所蔵 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社