インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

■「幽」と「顕」の世界
【会期終了】 日本最古の正史、日本書紀が編纂された養老4年(720)から、今年でちょうど1300年。冒頭に記された「国譲り神話」で、出雲は神々の世界「幽」、大和は現実の世界「顕」とされています。古代日本の成立やその特質に迫る展覧会が東京国立博物館で開催中です。
※新型コロナウイルス感染防止のため2月26日(水)で終了

古事記とともに「記紀」として知られる日本書紀。第40代天皇、天武天皇の皇子である舎人親王が中心となって編纂され、第44代天皇、元正天皇に奏上されました。

日本書紀の冒頭「国譲り神話」でオオナムチ(オオクニヌシ)は、「顕露事」は皇孫が治め、「幽事」は自分が治めると宣言します。

第1章は「巨大本殿 出雲大社」。現在の出雲大社の本殿は延享元年(1744)の造営で、高さ24メートルと日本最大の社(やしろ)ですが、古代には48メートル、実に15階建てのビルに相当するとされていました。

あまりの規模のため疑問視する声もありましたが、2000年に巨大な宇豆柱を発見。この宇豆柱は鎌倉時代のものですが、神話にあった古代の大社が実在していた可能性も出てきました。



第2章は「出雲 古代祭祀の源流」。出雲は日本海を通した交流により、古くから独自の文化が形づくられてきました。

弥生時代には青銅器を用いた祭祀が行われており、大量の出土青銅器の展示は本展の目玉のひとつ。荒神谷遺跡出土の銅剣168本、銅鐸5個、銅矛16本、加茂岩倉遺跡出土の銅鐸が30個と、圧巻の展示です。

これらを保管・展示している島根県立古代出雲歴史博物館はこの項でご紹介した事がありますが、これだけの数が東京でまとまって出品されるのは、およそ20年ぶりとなります。

第3章は「大和 王権誕生の地」。大和には前方後円墳が出現。大規模な墳丘は政治権力の大きさを示しており、埴輪をはじめ様々な副葬品も見つかっています。

ここでは、黒塚古墳から出土した33面の三角縁神獣鏡に注目。竪穴式石室内の被葬者の頭部付近をコの字状に囲むように置かれ、1つの古墳から出土した数としては全国最多です。

鏡面を被葬者側に向けられており、被葬者を護り鎮める意図かあると見られています。

第4章は「仏と政(まつりごと)」。古墳時代後期に仏教が伝来すると、その教えは国づくりに活かされるようになります。国の安泰と人々の生活の安寧を祈り、自らの手で仏像がつくられていきました。

重要文化財《浮彫伝薬師三尊像》は、飛鳥~奈良時代(7~8世紀)の作です。奈良時代以前の石仏は極めて珍しく、風化せず残っているのは奇跡的といえます。門外不出の仏像が寺外初公開です。

島根県と奈良県が誇る数々の至宝を、同時に東京で見ることができる絶好の機会です。貴重な文化財が守り伝えられている事に敬意を表しながら、悠久の歴史に思いを馳せてください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年1月14日 ]

時空旅人 2020年 1月号 Vol.53時空旅人 2020年 1月号 Vol.53

三栄書房

三栄書房
¥ 1,780

 
会場東京国立博物館
開催期間2020年1月15日(水)~3月8日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://izumo-yamato2020.jp/
展覧会詳細へ 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社