インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ― 朝日智雄コレクション

鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ― 朝日智雄コレクション

■美しき‘木版口絵’の世界
【会期終了】 昨年、幻の作品が公開され話題になった鏑木清方。日本画の美人画で知られますが、木版口絵(もくはんくちえ)で清方と並ぶ人気を誇っていたのが鰭崎英朋でした。両名を中心に、明治〜大正期に同じ分野で活躍した絵師を紹介する展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
※新型コロナウイルス感染防止のため2月29日(土)で終了

朝日智雄氏が蒐集した木版口絵の優品を紹介する本展。展覧会の前に、木版口絵の説明からはじめましょう。

木版口絵は、小説の単行本や文芸雑誌の巻頭に折込まれて入っていた、一枚擦りの版画です。A4程度の大きさで、明治20年代半ばから大正初期に流行しました。

内容は基本的には小説の一場面。当時は、封建的な家庭の中での恋愛を描いた「家庭小説」が主流だったため、木版口絵も多くは美人画でした。書籍の売り上げを左右するほど人気があったため、出版社はこぞって、実力のある絵師に口絵を依頼しました。

木版口絵は多色刷りの木版画なので、技法はそれまでの浮世絵と同じ。むしろ彫りや摺りの技術が進歩しているため、江戸時代の浮世絵より高い品質の作品は少なくありません。ただ、これまでの浮世絵研究では、ほとんど俎上にあがりませんでした。

今回は、東京では初めてといえる木版口絵の展覧会です。明治30年代後半から大正5年頃にかけて人気を二分していた鏑木清方と鰭崎英朋を軸に、それ以前に木版口絵で活躍していた水野年方、武内桂舟、富岡永洗、梶田半古の作品を紹介していきます。



まずは鏑木清方。後年は日本画で美人画の巨匠として確固たる地位を築きましたが、活動の初期は挿絵画家でした。清楚な美人の表現は、後の日本画にも通じます。

すっきりとした清方の美人に対し、鰭崎英朋が描く美人は、とても妖艶です。特に目元の表現が特徴的で、現代の感覚なら英朋の方が美人と言えるかもしれません。両者はともに月岡芳年の孫弟子、美術団体「烏合会」に属していた友人でもありました。

ただ、清方が日本画家として評価を得たのに対して、英朋は挿絵画家としての仕事を続けました。技量の差ではなく舞台の違いによって、現在の知名度の差がついたといえるでしょう。

両者は木版口絵では第二世代にあたる絵師。次の4名が第一世代で、この時期が木版口絵の黄金時代でした。

水野年方は清方の師。2016年にも太田記念美術館で展覧会が行われました。月岡芳年に入門し、後継者と目されたほどの実力者で、早い時期から木版口絵でも活躍しましたが、数え43歳で早世してしまいました。

武内桂舟は、ミスター木版口絵といえる存在です。博文館の文芸誌『文芸倶楽部』では、最多の64点を桂舟が描いています。もとは陶器の絵付け職人でしたが、尾崎紅葉に目をかけられて挿絵画家に転身しました。

富岡永洗は「明治の歌麿」と言われた美人画の名手です。小林永濯に学び、挿絵や口絵で活躍しました。ただ、年方と同様に早世で、数え42歳で亡くなっています。

梶田半古は、前述の三人よりは少しだけ若く、明治生まれ。浮世絵師や南画家に入門するとともに、独学で菊池容斎『前賢故実』を学習しました。斬新なデザイン感覚で、挿絵や口絵に新風を吹き込みました。

展覧会は弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 」展との連携企画。半券提示で割引になります。両展あわせてお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年2月19日 ]


 
会場太田記念美術館
開催期間2020年2月15日(土)~3月22日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ― 朝日智雄コレクション 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社