インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和

生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和

■時代に対峙しつづけて
【会期は4/12まで】 【4/12までの土日は臨時休館】文豪・夏目漱石に絵を教え、二科会を創設し、図案や文筆活動、良寛和尚の研究でも知られる津田青楓(つだせいふう:1880-1978)。多彩な分野で活躍しましたが、これまでまとまった回顧展は開かれませんでした。生誕140年を記念し、初の大型展が練馬区立美術館で開催中です。
展覧会のサブタイトルは「背く画家」。時に抗いながらも、しなやかに自らの道を進んだ青楓の足跡を、全3章で辿っていきます。

第1章は「因習に背く 図案から美術へ」。青楓は1880年(明治13)、京都生まれ。丁稚奉公に出されますが、封建的な関係を嫌って出奔。図案を描く仕事を始め、絵画や染織も学びました。

徴兵で召集されると、日露戦争では旅順攻防戦など、文字通り戦いの第一線に。死屍累々の忌まわしい体験から、戦争を憎む気持ちを強く持ちました。

兵役が終わると、遅れを取り戻すように画業に没頭。パリ留学で洋画の基礎を学び、帰国後は東京へ。人を介して夏目漱石と出会うと、漱石は青楓の飾らない気質を好み、親しく付き合うようになりました。

漱石は青楓に著作の装幀を依頼するなど、物心両面で青楓を支援しました。逆に、青楓は漱石に油絵を教えた事もあります(ただ、漱石の性に合わなかったようで、すぐやめてしまいました)。1916年(大正5)に漱石が亡くなると、青楓は葬儀で号泣したと伝わります。



第2章は「帝国に背く 社会派の画家」。1914年(大正3)、青楓は文展の鑑査に反発し、石井柏亭らとともに二科会を設立。自宅に事務所を置くなど、中心的なメンバーとして活動します。

関東大震災後に移った京都で出会ったのが、マルクス主義経済学者の河上肇です。貧困や格差などの社会問題に目を向けるようになり、共産党に入党した河上を積極的に支援しました。

この時期の活動として注目されるのが、画塾の設立。若者から絵画の指導を求められたのを機に「津田青楓洋画塾」を設立し、最終的に約150名の塾生を抱えるほどに成長しました。洋画家の今井憲一、オノサト・トシノブらも門下生です。

マルクス主義への共感を強めた青楓は、格差を揶揄する《ブルジョワ議会と民衆の生活》を、さらに拷問で亡くなった小林多喜二をテーマにした《犠牲者》を制作。社会派としての立場を鮮明にします。

ただ、前者は官憲に押収され、現在では下絵が残るのみ。後者の制作中に青楓は逮捕され、半月あまりの取り調べを受ける事になりました。

青楓は勾留中に転向し、プロレタリアと決別。二科から脱会、画塾も閉鎖し、洋画断筆を宣言しました。

ちなみに《犠牲者》は逮捕の直前に隠されたため、間一髪で押収を免れました。戦後になってから発表され、現在は東京国立近代美術館の所蔵です。

第3章は「近代に背く 南画の世界へ」。洋画壇から離れた青楓は、伝統的な日本画の探究を進めます。いにしえの文人のように「私」を中心に据えた作品世界を展開します。

晩年の書の作品は、江戸時代の禅僧・良寛への私淑からです。青楓が良寛に関心を持ったのは、漱石と一緒に屏風を見てから。良寛の自筆歌集を手本に、自らも書にのめり込むようになりました。

良寛の歌や詩の本質が「耐え忍ぶ」ことにあると理解した青楓。良寛の生き様を、洋画断筆後の自分に重ねようとしたのかもしれません。

青楓が老衰で亡くなったのは、1978年(昭和53)。明治から昭和の戦後まで時代に対峙し続けた、98歳の生涯でした。

関連資料も含め約250点で、その歩みを丹念に紹介する充実した展覧会です。練馬区立美術館のみでの開催になります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月4日 ]

背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和

スコット・ジョンソン(著)、喜夛孝臣(著)

芸艸堂
¥ 2,970

 
会場練馬区立美術館
開催期間2020年2月21日(金)~4月12日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : https://www.neribun.or.jp/museum/
展覧会詳細へ 生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社