インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  泰巖歴史美術館がオープン

泰巖歴史美術館がオープン

■充実の戦国史料は、期待値以上
【6月2日再開】当面の間、臨時休館】信長、秀吉、家康など、戦国時代に活躍した武将達の歴史史料を展示する新しい美術館が東京・町田市にオープン。館内に安土城の天主閣を原寸大で再現、信長ゆかりの貴重な古文書も数多く展示している泰巖歴史美術館をご紹介します。
2020年3月22日(日)に開館した、泰巖(たいがん)歴史美術館。東京・町田市で住宅や不動産を手がける太陽グループの山中泰久氏が蒐集したコレクションを管理する、一般財団法人太陽コレクションが開設しました。

所蔵品は戦国時代から江戸時代初期に至る古文書・書画・武具・茶道具などが中心。歴史的に重要な意味を持つ史料も含まれています。

「泰巖」は、織田信長の戒名である「総見院殿贈大相国一品泰巖尊儀」の一部。「泰然自若として威厳のある」という意味です。

立地は、小田急線町田駅北口より徒歩5分。住宅地の中にある、亀甲模様の建物が目印です。

館に入ってすぐに目に入るのが、実物大に近い規模で再現された安土城天主閣。信長が1576(天正4)年に築いた安土城は、日本で初めて天主が設けられた城とされています。

信長の死後に焼失した安土城には不明な点が多いものの、今回は過去の文献を手がかりに復元。最上層は金箔、内部は天井絵が描かれた格天井、下層の八角屋根は総朱塗りといわれる、いにしえの姿がよみがえりました。

美術館の2階に上がると、天主閣と同じ高さ。天主閣は有事の際以外は使われない事が多いのですが、信長はこの天主に居住したと言われています。

2階では信長の生涯を追った映像「織田信長の至宝」も。約19分と長めですが、信長の生涯がドラマチックに描かれており、見どころたっぷりです。ぜひ通して鑑賞ください。



3~5階が展示室で、まず3階は「信長の時代」。信長の一族、家臣、そして同時代の戦国武将らによる書状類が並びます。

信長が最も恐れたのが、“甲斐の虎”武田信玄と“越後の龍”上杉謙信です。信長は両者との決定的な対立を避けており、その関係を物語る書状は注目されます。

来館者の人気を最も集めているのが、4階「合戦の時代」。室町幕府の権勢が低下し、守護大名に代わって全国各地に戦国大名が勃興。領土拡大を目指して他の大名と争い、合戦の時代に突入します。

集団での戦いや、鉄砲の登場など、戦術の変化もあり、戦国時代の甲冑は大きく発展しました。実用性が重視されると同時に、当時の武士の気質を反映し、奇抜な意匠も多く見られます。

展示室には武器も展示。重要文化財を含む日本刀の他、奥には火縄銃がずらり。戦国時代末期の日本には50万以上の鉄砲があったとされ、当時は世界最大の鉄砲保有国でした。

5階は「信長と茶の湯」。京都・妙喜庵にある国宝の茶室「待庵」を再現、展示ケースには茶道具が並びます。

茶の湯を愛した信長。“名物狩り”で畿内と近隣諸国から茶道具を集め、しばしば茶会を開催しました。茶の湯を利用した統率「御茶湯御政道」は、秀吉の時代にも引き継がれていきました。

取材前は「町田に戦国武将の博物館?」と思っていましたが、予想を大きく上回る充実ぶりです。歴史ファンはもとより、目を引く戦国史料は、訪日外国人にもおすすめできそうです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月24日 ]

戦国時代戦国時代

永原 慶二 (著), 本郷 和人 (解説)

講談社
¥ 1,859

 
会場泰巖歴史美術館
開催期間2020年3月22日(日)オープン
所在地 東京都町田市中町1-4-10
TEL : 042-726-1177
HP : https://www.taiyo-collection.or.jp/
展覧会詳細へ 泰巖歴史美術館がオープン 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社