インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  足立美術館に「魯山人館」がオープン

足立美術館に「魯山人館」がオープン

■新たな50年へ
近代日本画の名品と、美しい日本庭園で知られる足立美術館(島根・安来市)。開館50周年を記念し、北大路魯山人の作品を展示する「魯山人館」が新設されました。国内屈指の魯山人コレクションから、厳選した120点が公開されています。
書画や篆刻、陶芸や漆芸など幅広い分野で才能を発揮し、優れた芸術作品を生み出した北大路魯山人(1883-1959)。

足立美術館では創設者の足立全康、そして全康の孫で現館長の足立隆則氏も熱心に魯山人作品を収集し、現在では約400点を所蔵しています。

これまでは陶芸館で50点前後の魯山人作品を展示していましたが、より多くの作品を展示できる施設として新設されたのが、魯山人館です。

立地は赤松が林立する庭園の中。石畳のアプローチを進み、奥に佇む蔵のようなイメージで設計されました。

魯山人館のエントランスロビーには、魯山人の刻字看板《淡海老鋪》を展示。大正2年、福田大観と名乗っていた若き日の作品で、魯山人の篆刻では傑作と評価されています。

展示室は、壁面展示ケースの上部に照明を設置。光が天井面に反射し、柔らかな光が室内を包みます。室内は白ベースなので、魯山人の多彩な作品、どれもが美しく引き立ちます。

ひときわ目を引く豪華な壺は、《金らむ手津本(金襴手壺)》。紅色の器の全面に葡萄の葉、実、蔓が金泥で描かれています。魯山人は赤地金襴手を得意としましたが、このような大作は異例。雅趣に富み、魯山人陶芸の最高峰の一点といえます。

魯山人コレクションの新収蔵品、54点も見どころ。《いろは屛風》も新収蔵品で、淡墨で「いろは歌」を豪快に書いた六曲一双屛風です。70歳の時の作品で、晩年の書の代表作でもあります。

展示ケースには最新の高透過・低反射ガラスを採用。作品の細部まで楽しむことができます。新たな50年に向けて歩き始めた足立美術館、時間をとってゆっくりとお楽しみください。



内外に名高い足立美術館ですが、このコーナーでご紹介するのは初めてです。美術館全体についても、ご紹介しましょう。

島根県安来市にある足立美術館。創設者の足立全康は、大阪で繊維問屋、不動産関係などの事業を展開するとともに、幼少より興味を持っていた日本画を収集。郷土への恩返しの意味も込めて1970年に開館したのが、足立美術館です。

コレクションの中心は近代日本画。中でも横山大観は《無我》《紅葉》など名作も含めて約120点を揃えており、横山大観特別展示室(大観室)で、常時20点前後を公開しています。今秋には開館50周年記念として本画100点を展示する「横山大観の全貌」展も開催されます(9/11~10/25)。

他にも竹内栖鳳、上村松園など著名な近代日本画家の作品を数多く所蔵。季節にあわせた年に4回の特別展で、展示替えしながら紹介しています。

日本美術の発展への思いから、1995年には足立美術館賞もスタート。毎年9月に開催される日本美術院展覧会(院展)の中から1点を選考し、買い上げています。

25年に及ぶ活動という事もあり、やや目立たなくなっているように感じられますが、民間の美術館がこれほど長期にわたって日本美術を支援するのは異例。高く評価されて良いと思います。

そして、何といっても特筆されるのが庭園。創設者の足立全康は「庭園もまた一幅の絵画である」という信念のもと、91歳で亡くなるまで、庭造りに執心。米国の日本庭園専門誌において、17年連続で日本一に選ばれています。

庭園は枯山水庭、白砂青松庭など。年間を通して入念に手入れが行われ、四季折々でさまざまな表情を見せてくれます。美術品は撮影不可ですが、庭はOK。いつも多くの方が記念撮影を楽しんでいます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月26日 ]

足立美術館: 四季の庭園美と近代日本画コレクション足立美術館: 四季の庭園美と近代日本画コレクション

足立美術館 (監修)

河出書房新社
¥ 1,980

 
会場足立美術館
開催期間2020年4月1日(水)開館
所在地 島根県安来市古川町320
TEL : 0854-28-7111
HP : http://www.adachi-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 足立美術館に「魯山人館」がオープン 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社