インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後120年記念 月岡芳年

没後120年記念 月岡芳年

■文豪も愛した「血みどろ絵」
【会期終了】 逆さ吊りの妊婦を前に包丁を研ぐ老女、切腹した腹から溢れ出す臓物…。一度見たら忘れられない画題で知られる「最後の浮世絵師」月岡芳年(つきおかよしとし)は、今年で没後120年です。記念の特別展が太田記念美術館で始まりました。
どちらかといえばマイナーな「奇想の画家」だった歌川国芳も、没後150年にあたる2011年の大規模展ですっかり人気が定着した感があります。国芳には数多くの門弟がいましたが、その系譜を最も受け継いだといわれる後継者が、この月岡芳年です。

芳年が国芳の門下に入ったのは、わずか12歳の時。国芳とは41歳も離れていますが、若い時からメキメキと頭角を現しました。


逆さ吊りの女性を切りつけているのは《英名二十八衆句 稲田九蔵新助》

芳年の作品で知られているのは、やはり「血みどろ絵」(残酷絵・無残絵ともいいます)。はねられた首、切腹、突き刺さる矢…。おびただしい流血を表現するにあたって、染料に膠を混ぜて血のテカりまで再現しようとしたほど徹底しています。

その強烈な印象には魅せられた文豪も多く、谷崎潤一郎、江戸川乱歩、三島由紀夫などは作品を絶賛しました。


《勝頼於天目山遂討死図》

その一方で、血みどろ絵だけに注目が集まりがちな芳年ですが、実は歴史画、妖怪画、美人画などにも多くの名品を残しています。

大病から回復して号を「大蘇」(たいそ)と改めた後には、新聞錦絵(報道の浮世絵)にも着手。中でも西南戦争は格好の題材となりました。実際に戦地に赴いてはいませんが、遠い九州の地で起こっている大事件を想像力豊かに描き、大きな人気を得ました。


西南戦争を描いた新聞錦絵。西郷が舟の上で切腹するなど、史実とは異なる場面も多い

本展の目玉としては、新発見の下絵の展示があります。芳年の門人だった水野年方が所蔵していたもので、《袴垂保輔鬼童丸術競図》は下絵と版画が並べて展示されています。

二人の妖術使いの対決を縦長の画面に描いた作品。下絵を見ると、人物や動物の位置を微妙に調整していることが伺えます。また、着物の中の人体の形をきちんと描いた上で絵を構成しており、芳年の確かなデッサン力が見て取れます。


《袴垂保輔鬼童丸術競図》と、その下絵

芳年は明治18年に流行浮世絵師ランキングの首位になるなど庶民に愛された画家ですが、明治25年に54歳で亡くなりました。その画業は晩年になるほどに冴え渡っており、「あと20年長生きすれば浮世絵の歴史は変わっていたはず」と、担当の日野原健司・主幹学芸員が話していたのが印象的でした。

なお、冒頭で書いた「逆さ吊りの妊婦を前に…」の作品《奥州安達がはらひとつ家の図》は、後期展示。前後期で作品はほぼ総入れ替えとなり、あわせた240点で芳年の代表作が網羅できます。10月と11月、2度に分けてお楽しみください。(取材:2012年10月1日)

月岡芳年 風俗三十二相

町田市立国際版画美術館 (監修), 日野原 健司

二玄社
¥ 1,680

 
会場太田記念美術館
開催期間2012年10月2日(火)~11月25日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 没後120年記念 月岡芳年 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社