インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

■華麗なバロックの世界
【会期終了】 オーストリアとスイスの間にあるリヒテンシュタイン侯国。人口3万人強の小さな国ですが、国家元首のリヒテンシュタイン侯爵家が持つ美術コレクションは約3万点と、個人としては英国王室に次ぐ規模です。本展覧会では139点の名品が来日しています。
ウィーン郊外ロッサウにあるバロック様式の宮殿「夏の離宮」。リヒテンシュタイン侯爵家のコレクションの一部は、避暑用の住まいとして建てられたこの宮殿で公開されています。「ようこそ、わが宮殿へ」という印象的なキャッチコピーは、これに由来します。

展覧会序盤のハイライトは、宮殿に倣った「バロック・サロン」です。家具調度品、タペストリー、彫像はもちろん、天井画まで飾って、空間全体で華やかなバロックの世界を感じてもらおうという試みです。作品のキャプションも別の場所で紹介する徹底ぶりで、なかなか意欲的な演出です。


「バロック・サロン」

500年以上にわたって蒐集された、このコレクション。中核を占めているのはバロック美術ですが、前後の時代も含めて幅広く所有しています。

展覧会の「名画ギャラリー」では、ルネサンス期から新古典主義までの作品を紹介しています。ラファエッロ(ラファエロ)、クラナッハ、レンブラント、ハルスら、巨匠の絵画が続々と登場します。


「名画ギャラリー」

バロックを代表する画家といえば、もちろんペーテル・パウル・ルーベンス。リヒテンシュタイン侯爵家は36点のルーベンス作品を所蔵しており、質・量ともに世界有数のコレクションといえます。

本展にはルーベンス作品が10点も来日しており、展覧会メインビジュアルの少女《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》もそのひとつです。ルーベンスが5歳の長女を描きました。

まっすぐにこちらを見つめる、青い瞳のクララ。実子の肖像のために派手な演出は無く、親子の関係が素直に伝わってくるような作品ですが、残念ながらクララは12歳で亡くなってしまいました。


《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》から、ルーベンス・ルーム

アンソニー・ヴァン・ダイクはルーベンスの右腕だった人物。イギリスに渡って宮廷画家となり、洗練された肖像画で一時代を築きました。

《マリア・デ・タシスの肖像》は、ヴァン・ダイクの代表作のひとつです。描かれているのは帝室郵便局長の娘で、19歳のマリア。当時のフランスで流行していた形の美しいドレスと自然な表情はとてもチャーミングです。


アンソニー・ヴァン・ダイク《マリア・デ・タシスの肖像》

毎年、数え切れないほどヨーロッパの名画が来日している昨今において、これだけ初来日の作品が集まった展覧会はかなりレアケースでしょう。華麗なバロック宮殿を六本木で疑似体験、西洋美術好きなら見逃せません。(取材:2012年10月2日)

リヒテンシュタイン物語

池田理代子 (著)

平凡社
¥ 1,000

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立新美術館
開催期間2012年10月3日(水)~12月23日(日・祝)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/
展覧会詳細へ リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社