インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  あこがれのヴェネチアン・グラス

あこがれのヴェネチアン・グラス

■繊細かつ優美、華麗なるガラスの美
【会期終了】 1450年頃に開発された無色透明ガラスによって、大きく成長したヴェネチアン・グラス。ルネサンス期の作品から現代グラス・アートまで、華麗なヴェネチアン・グラスの世界を紹介する展覧会がサントリー美術館ではじまりました。
15世紀から16世紀にヨーロッパ全土で大流行したヴェネチアン・グラス。その起源については解明されていませんが、1450年ごろに開発された新しいガラス素地「クリスタッロ」がひとつの転機になりました。

当時は無色透明のガラスを作るのが難しかった時代。新しく生まれた革新的な素材の透明感を活かすために、職人たちは次々に新しい工夫を重ね、蓄積された技術が芸術的な造形美に繋がっていったのです。華やかな装飾は上流階級のあこがれの的となり、ヴェネチアン・グラスはヨーロッパ諸国の王侯貴族に瞬く間に広まっていきました。

第2章「流出したヴェネチアン―「ヴェネチア様式」の誕生」

その美しさ故に、ヨーロッパ諸国ではヴェネチアン・グラスの模倣が広まっていきます。技術流出を決定づけたのは、1612年に出版されたアントニオ・ネーリによる書籍「ガラス製造術」。秘密にされていたヴェネチアのガラス技術の詳細が公表されたため、それぞれの国の趣向を反映したガラス製品が製造されるようになりました。ネーデルランド、スペイン、ドイツ…。ヨーロッパ諸国のガラスは「ファソン・ド・ヴニーイズ(ヴェネチア様式)」として、質・量ともに大きく拡大していきます。

第4章「ヴェネチアン再興 ― 19世紀イタリア」

会場は5章構成で、展示総数は計150件。最盛期のヴェネチアン・グラスの紹介から始まり、国外に広まったヴェネチア様式について、ヴェネチアン・グラスと和ガラスの関わり、一時期停滞したヴェネチアのガラス制作の再興、ヴェネチアン・グラスの現代アートへの影響、と続きます。

現代のガラス作家もヴェネチアで制作する人、ヴェネチア伝統の技をアレンジして作品に取り入れる人など、ヴェネチアに関わりのある作家は少なくありません。最終章にはこの展覧会のために制作された作品を含め、現代の作家による新しい作品を展示。現代のガラス造形にも、「ヴェネチア」の活力は脈々と受け継がれているのです。

第5章「今に息づくヴェネチアン ― 現代アートへの影響」

今年開館50周年を迎えるサントリー美術館。同館にとってもガラスのコレクションは重要な分野のひとつで、薩摩切子やガレの作品など、世界有数のガラスコレクションを保有しています。昨年は和ガラス、一昨年は薩摩切子と、ガラス関連の企画展も毎年のように開催。今回も夏の暑さを忘れさせる涼やかな気持ちでご覧いただけます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年8月9日 ]
 
会場サントリー美術館
開催期間2011年8月10日(水)~10月10日(月・祝)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン
(総合受付)ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ あこがれのヴェネチアン・グラス 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社