インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  No Museum, No Life? ─ これからの美術館事典

No Museum, No Life? ─ これからの美術館事典

■「36章立て」の展覧会
【会期終了】 企画展は美術館でやるものですが、その企画展のテーマが「美術館」? 5館の国立美術館(東京国立近代美術館京都国立近代美術館国立西洋美術館国立国際美術館国立新美術館)が協力して行う、ちょっと変わった切り口の展覧会です。
一般的に、美術館といえば展覧会を見に行く場所。ですが、美術館の活動は展覧会だけではありません(保存修復、調査研究など)。また、美術館の活動にはさまざまな営みが伴います(保護、記録、梱包など)。さらに作品には属性があり(オリジナル、来歴など)、その質を担保するための枠組みもあります(美術館、額/枠など)。

本展では、美術館をとりまく様々な事象から、36のキーワードを選んでアルファベット順に構成。いわば「36章立て」といえる展覧会です。

会場構成はトラフ建築設計事務所、グラフィック・デザインは刈谷悠三(neucitora)さんが手がけ、美術館をテーマにした巨大な事典のような展覧会になりました。


会場

美術品だけでなく、美術館の活動を示す資料類が一緒に展示されているのも本展の特徴です。

例えば、キーワード「Light 光/照明」には、ルノワール《木かげ》や、モネ《ウォータールー橋、ロンドン》などとともに、単に壁を照らしている照明の光も展示されています(「光を展示」というのはちょっと妙ですが…)。

画面の中に光を取り込んだ印象派の画家に対し、作品を外部から照らす照明の光。作品の中の光と、作品の外の光を、同列で紹介しているわけです。


「Light 光/照明」

キーワード「Naked/Nude 裸体/ヌード」には、文字通り裸の絵画が2段掛け、3段掛けで並びます。

ヌードは古代ギリシャから続く理想的な身体で、美の規範。それに対してネイキッド(Naked)はリアルな裸体で、欲望の対象であり、時によっては猥褻物とされる事まであります。

ただ、並んだ美術作品を前にすると、何がヌードで何がネイキッドかは、実に曖昧。そこに線を引く事は出来ない事に気づかされます。


「Naked/Nude 裸体/ヌード」

美術館にとって、作品を収蔵する事はとても大切。展示室に出ていない大部分の作品は、通常は収蔵庫で保管されています。

収蔵庫は作品が眠っている場と思われがちですが、展示室に移動したり、他館に貸し出されたりと、収蔵庫の中が変わらない事はありえません。逆に、常に動いていることこそが、収蔵庫の役割でもあります。

会場では4館の収蔵庫をモノクロ原寸大写真で紹介。さらに、実際にその場所で保管されている藤田嗣治の作品を展示しています。


「Storage 収蔵庫」

2001年に発足した独立行政法人国立美術館(東京国立近代美術館京都国立近代美術館国立西洋美術館国立国際美術館国立新美術館の5館で構成)は、今年で15年目。2010年に5館が協力した初の展覧会「陰翳礼讃」展が開催されましたが、本展は5年ぶり2度目の5館合同展です。

桝田倫広(東京国立近代美術館)、新藤淳(国立西洋美術館)という若手の研究員が企画した本展。事前のリリースでは、正直「?」と思っていましたが、実際に見て回ると意図が明快に響いてくる楽しい企画です。ちょっとシビアな「Money お金」、ユーモラスな「Zero ゼロ」など、36章をじっくりとお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月15日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

 

エイ出版社
¥ 999

 
会場東京国立近代美術館
開催期間2015年6月16日(火)~9月13日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp/am/exhibition/no-museum-no-life/
展覧会詳細へ No Museum, No Life? ─ これからの美術館事典  詳細情報
取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 奥の細道330年 芭蕉 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社