インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  開館50周年記念 美の祝典Ⅰ― やまと絵の四季

開館50周年記念 美の祝典Ⅰ― やまと絵の四季

■皇居の隣で、半世紀
【会期終了】 1966年10月に開館した出光美術館は、ちょうど開館50周年のメモリアルイヤーを迎えました。記念企画では館蔵の絵画作品から、国宝・重要文化財を中心とした屈指の優品を厳選し、一挙に大公開。国宝「伴大納言絵巻」も、10年ぶりにお目見えしています。
皇居のお濠に面した帝劇ビルの9階で、半世紀にわたって美術ファンを楽しませてきた出光美術館。数多くの名品を所蔵する出光美術館だけあり、館蔵品のみで構成される50周年記念展も、三部に分けての開催となりました。

現在開催されている第一部は「やまと絵」がテーマです。平安時代に国風文化が広まる中で発展した、やまと絵。四季の山景や樹木、花鳥などを繊細な感性で典雅に描き、日本人が持つ美意識の原点といえます。

冒頭の展示室は、屏風絵から。室町時代に描かれた重要文化財《四季花木図屏風》は、右隻右端に梅、左隻の左上には雪を冠した松竹。四季のうつろいをひとつの屏風の中で表現しています。

画面いっぱいに桜と紅葉を両隻に配したのは《吉野龍田図屏風》。吉野の桜と龍田の紅葉(楓)の対比が鮮やかな屏風は、ちょうど根津美術館でも展示中。根津は江戸時代のものですが、こちらは桃山時代の作品です。


会場前半では屏風絵を紹介

「美の祝典」の目玉は、国宝《伴大納言絵巻》。平安時代前期(866年・貞観8年)に起こった応天門の変を題材に描いた絵巻で、三部の会期で上・中・下の3巻が1巻ずつ紹介されます。

会場構成も独特の雰囲気。登場人物の関係やストーリー、絵巻の見どころなどが丁寧に解説された後に、いよいよ登場です。

展示中の上巻は、放火で応天門が炎上し、清和天皇に太政大臣が拝謁するまで。群衆の描写が特徴的です。

会場では全場面が一望できますが、本来の絵巻は巻き取りながら鑑賞するもの。この上巻も左から順に見ると、朱雀門に駆け入る人々と、ただ事ではない気配。門をくぐると群衆が見上げる上方には、すでに火の粉が。徐々に黒煙が広がり…と、ダイナミックに進んでいきます。ぜひ「巻き取りながら鑑賞する」を意識してご覧ください。


国宝《伴大納言絵巻》(上巻)

仏教絵画の優品も数多く展示されています。奈良時代に制作され、その後の絵巻物の原点ともいえる重要文化財《絵因果経》、冥界で死者を裁く10人の王と壮絶な地獄が描かれた《十王地獄図》など、見応えたっぷりです。

7年間かけて修復されていた重要文化財《真言八祖行状図》は、修復後初お披露目。雄大な山水を背景に、密教を伝えた8人の祖師の行状が描かれた説話画です。

他にも鎌倉時代の歌仙絵や、慶派の仏像なども含めて、会場の最後まで豪華絢爛。第一部だけでも国宝1点、重要文化財11点、重要美術品3点という贅沢なラインナップです。


仏画も多彩です

公式サイトを含めて大きな案内はありませんが、第一部の期間中に当日有料入館券で観覧した人を対象に、優待割引券(次回以降使える500円引き券)が配布中。第一部に続いて第二部(または第三部)を見る場合、一般なら500円で観覧できます(2017年3月26日までの期間中、1名1回有効。「美の祝典Ⅰ」のリピートの利用も可)。

伴大納言絵巻は子どもの喧嘩から真犯人の発覚(中巻)、伴大納言の失脚と連行(下巻)へと進みます。「美の祝典」第二部・第三部も、この項でご紹介する予定です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年4月18日 ]



■出光美術館 美の祝典 に関するツイート


 
会場出光美術館
開催期間2016年4月9日(土)~5月8日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/
展覧会詳細へ 開館50周年記念 美の祝典Ⅰ― やまと絵の四季 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社