インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」

特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」

■2万年前の芸術世界
【会期終了】 1940年、飼い犬が穴に落ちた事をきっかけに少年たちが見つけた洞窟。中に入ると、無数の古い壁画が描かれていました。2万年も前にクロマニョン人が描いた、驚くべき芸術世界。その全容を紹介する展覧会が、国立科学博物館で開催中です。
会場はクロマニョン人の等身大人形から。見事な造形は、古代人類の復元を専門に手掛けるフランスの芸術家(Elisabeth Daynès)による制作です。

フランス南西部のヴェゼール渓谷にある、ラスコー洞窟。全長約200m、3つの空間に分かれており、その複雑な内部も会場の模型で確認できます。

洞窟からは壁画だけでなく、さまざまな遺物も見つかっています。壁画を描いた顔料、石器、角製の槍などのほか、スプーン状の容器も。これはランプで、くぼみに動物の脂を置いて火をともし、暗い洞窟で描画を進めたと考えられています。


第1~3章

実際のラスコー洞窟の壁画が見たくなるところですが、現地は厳重な保全体制が敷かれており、研究者でさえもラスコー洞窟に入る事ができません。展覧会では、洞窟の中でも傑作が並び特徴的な技法で描かれた「身廊(しんろう)」の壁画群と、「井戸の場面」の絵を実物大で再現しています。

洞窟の入口から30mほど進んだ先にある「身廊」。教会建築で中央の大きな空間を意味する名が付けられているように、ここは天井が高く、有名な《黒い牝ウシ》、《泳ぐシカ》、《背中合わせのバイソン》などが描かれています。

「身廊」の壁画は彩色だけでなく線刻も使われており、ライトアップで線刻の表現が浮かび上がる演出も。2万年前の芸術世界に浸ってください。


第4章

会場後半では、ラスコー洞窟に壁画を残したクロマニョン人についての考察です。

ヨーロッパでハンドアックスなどの大型石器を使いだしたのは、約60万年~約30万年前のハイデルベルク人(前期旧石器時代)。約30万年~約4万年前のネアンデルタール人は1つの原石から多くの石器を得る技術(ルヴァロア技法)を開発した事で、道具の文化は大きく広がります(中期旧石器時代)。

クロマニョン人は約4万年前に登場。石器が急速に高度化したほか、骨や象牙など他の素材を使った道具も発明しました。毛皮を加工し、装身具も発達する中で、壁画だけでなく動物ゃ人物を表現した像なども制作し、芸術的な要素も洗練されていったのです。


第5~7章

クロマニョン人の時代にヨーロッパには高度な芸術文化がありましたが、日本ではあまり見つかっていません。ただ、これは日本の土壌が酸性のため骨や角などが残りにくいためで、決して遅れていたわけではありません。静岡にある世界最古のおとし穴(!)をはじめ、日本での創造的活動も第2会場で紹介されています。

本展は全国三会場をまわる巡回展。東京展の後は宮城、福岡とまわります。会場と会期はこちらをご覧ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年10月31日 ]

公式サイト http://lascaux2016.jp/

ラスコーと世界の壁画ラスコーと世界の壁画

水村 光男 (監修)

宝島社
¥ 918


■世界遺産 ラスコー展 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://lascaux2016.jp/
展覧会詳細へ 特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」 詳細情報
取材レポート
Bunkamura
リヒテンシュタイン
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社