インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」

特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」

■2万年前の芸術世界
【会期終了】 1940年、飼い犬が穴に落ちた事をきっかけに少年たちが見つけた洞窟。中に入ると、無数の古い壁画が描かれていました。2万年も前にクロマニョン人が描いた、驚くべき芸術世界。その全容を紹介する展覧会が、国立科学博物館で開催中です。
会場はクロマニョン人の等身大人形から。見事な造形は、古代人類の復元を専門に手掛けるフランスの芸術家(Elisabeth Daynès)による制作です。

フランス南西部のヴェゼール渓谷にある、ラスコー洞窟。全長約200m、3つの空間に分かれており、その複雑な内部も会場の模型で確認できます。

洞窟からは壁画だけでなく、さまざまな遺物も見つかっています。壁画を描いた顔料、石器、角製の槍などのほか、スプーン状の容器も。これはランプで、くぼみに動物の脂を置いて火をともし、暗い洞窟で描画を進めたと考えられています。


第1~3章

実際のラスコー洞窟の壁画が見たくなるところですが、現地は厳重な保全体制が敷かれており、研究者でさえもラスコー洞窟に入る事ができません。展覧会では、洞窟の中でも傑作が並び特徴的な技法で描かれた「身廊(しんろう)」の壁画群と、「井戸の場面」の絵を実物大で再現しています。

洞窟の入口から30mほど進んだ先にある「身廊」。教会建築で中央の大きな空間を意味する名が付けられているように、ここは天井が高く、有名な《黒い牝ウシ》、《泳ぐシカ》、《背中合わせのバイソン》などが描かれています。

「身廊」の壁画は彩色だけでなく線刻も使われており、ライトアップで線刻の表現が浮かび上がる演出も。2万年前の芸術世界に浸ってください。


第4章

会場後半では、ラスコー洞窟に壁画を残したクロマニョン人についての考察です。

ヨーロッパでハンドアックスなどの大型石器を使いだしたのは、約60万年~約30万年前のハイデルベルク人(前期旧石器時代)。約30万年~約4万年前のネアンデルタール人は1つの原石から多くの石器を得る技術(ルヴァロア技法)を開発した事で、道具の文化は大きく広がります(中期旧石器時代)。

クロマニョン人は約4万年前に登場。石器が急速に高度化したほか、骨や象牙など他の素材を使った道具も発明しました。毛皮を加工し、装身具も発達する中で、壁画だけでなく動物ゃ人物を表現した像なども制作し、芸術的な要素も洗練されていったのです。


第5~7章

クロマニョン人の時代にヨーロッパには高度な芸術文化がありましたが、日本ではあまり見つかっていません。ただ、これは日本の土壌が酸性のため骨や角などが残りにくいためで、決して遅れていたわけではありません。静岡にある世界最古のおとし穴(!)をはじめ、日本での創造的活動も第2会場で紹介されています。

本展は全国三会場をまわる巡回展。東京展の後は宮城、福岡とまわります。会場と会期はこちらをご覧ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年10月31日 ]

公式サイト http://lascaux2016.jp/

ラスコーと世界の壁画ラスコーと世界の壁画

水村 光男 (監修)

宝島社
¥ 918


■世界遺産 ラスコー展 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://lascaux2016.jp/
展覧会詳細へ 特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社