インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-

特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-

■受け継がれるDNA
【会期終了】 2014年に開催された「超絶技巧!明治工芸の粋」展。海外輸出用に作られた精緻な作品の数々は、大きな話題となりました。第2弾の今回は明治工芸とともに、DNAを受け継ぐ現代アートも紹介。100年の時を超えた、超絶技巧のコラボレーションです。
主に外貨獲得を目的にしていたという事もあり、それまでの美術史ではあまり注目される事がなかった明治工芸。前回展で紹介された驚くほど細やかな工芸品の数々は、美術ファンの注目を浴びました。

3年ぶりに開催される本展では、現代美術の超絶技巧も展示。明治の工人と同様に、超人的な技術で作品を生み出している現代の作家が紹介されます。

前室から展示室1では、さっそく明治工芸と現代作品が競演。ともに一木造りの‘釣瓶+蛙’と‘皿+魚の骨’など、比べて鑑賞できるのがポイントです。


前室~展示室1

広い大きな展示室4では、明治工芸のみを展示。七宝の並河靖之は、今年、大規模な展覧会が開催されましたが、ここでは濤川惣助も展示されています。「ふたりのナミカワ」は、ともに帝室技芸員でライバルでした。

柴田是真も帝室技芸員ですが、高い技術を用いたユニークな作風が持ち味。刀で刻んだ木目、蒔絵で描いた年輪と、変幻自在です。

独立ケースでは、前回展でも注目を集めた安藤緑山による牙彫。色合いも含めて本物そっくりです(補足ですが、安藤緑山の全盛期は明治ではなく大正~昭和初期です)。


展示室4

展示室5では、自在に注目。金属製のパーツをつなぎ合わせ、可動式の動物や昆虫などを作った自在。明珍派の甲冑師によって始められました。

明治工芸以来の技法を受け継いだ《自在十二種昆虫》は、明治工芸では動かなかった部分も可動式に。《自在蛇骨格》は0.1ミリ単位で背骨の大きさを調整して、なめらかに動きます。ともに満田晴穂さんの作品です。


展示室5

最後の展示室7には、現代作家の作品がずらり。明治工芸でも見られる七宝や木彫などに加え、アルミニウム鋳造による花、大理石から彫り出したドラゴン、ガラスで象った水入りのビニール袋と、現代的な素材を用いた作品も並びます。

明治工芸の時代からざっと100年離れていますが、同じ会場で展示されていても意外なほどしっくりきます。先人の思想が脈々と息づいているさまは、嬉しく思えました。


展示室7

少し先になりますが、本展も全国巡回。東京展の後は、岐阜県現代陶芸美術館(2018年6月30日~8月26日)、山口県立美術館(2018年9月7日~10月21日)と進みます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年9月20日 ]

東京美術館案内東京美術館案内

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
¥ 1,296


■驚異の超絶技巧! に関するツイート


 
会場三井記念美術館
開催期間2017年9月16日(土)~12月3日(日)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社