ニュース
    1万年の時を経て、こころと向き合うかたちの共演 ― 東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」
    (掲載日時:2024年6月24日)

    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場
    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場

    東京国立博物館が所蔵する縄文時代の土製品などと、美術家の内藤礼(1961-)による現代アート作品をあわせて展示する展覧会が、同館で始まる。

    内藤は、一般のな美術作品とは異なり、縄文時代の土製品には、注文主など作り手以外の意図が制作に関与していないことに着目。

    自然・命への畏れと祈りから生まれたかたちに「生の内と外を貫く慈悲」を感じ、展覧会が企画された。

    東京国立博物館の建築や歴史を、内藤独自の視点で読み解くこともテーマになっており、会場のひとつである本館特別5室は、長年閉ざされていた大開口の鎧戸を開放(おそらく第二次世界大戦後に解放されるのは今回が初めて)。

    カーペットと仮設壁も取り払われ、自然光が入る建築当初の裸の空間に、縄文時代と内藤の作品が1万数千年の時を経て対峙。

    はるか昔に生きた人々と、現代を生きる私たちに通ずる精神世界、創造の力を感じる展覧会になった。

    展覧会はエルメス財団と共同で企画。2か月後に公開される銀座メゾンエルメス フォーラムで開催される展覧会に続く構成になっている。

    「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」は、東京国立博物館 平成館企画展示室、本館特別5室、本館1階ラウンジで、2024年6月25日(火)~9月23日(月・休)に開催。

    観覧料は一般 1,500円など。事前予約は不要。

    銀座メゾンエルメス フォーラムでの展示は、9月7日(土)~2025年1月13日(月・祝)。


    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場
    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場

    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場
    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場

    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場
    東京国立博物館「内藤礼 生まれておいで 生きておいで」会場


    このニュースに関連する展覧会
    47
    東京国立博物館 | 東京都
    2024年6月25日(火)〜9月23日(月)
    開催中[あと60日]
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    山口県美術館専門職員の募集 [山口県立美術館又は山口県立萩美術館・浦上記念館]
    山口県
    星と森の詩美術館 学芸員(補)募集中です [星と森の詩美術館]
    新潟県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと72日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと60日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと60日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと3日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    麻布台ヒルズ ギャラリー | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと99日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)