ニュース
    檀れいさんもビックリ、圧巻の《スラヴ叙事詩》 ── 国立新美術館で「ミュシャ展」
    (掲載日時:2017年3月7日)
    国立新美術館「ミュシャ展」

    2017年3月7日(火)、東京・港区の国立新美術館で「ミュシャ展」のプレス向け内覧会が開催された。

    アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が晩年の約16年間で描いた大作《スラヴ叙事詩》20点を、チェコ国外で初めてまとめて公開する展覧会。

    ミュシャは華やかで洗練されたポスターなどを手がける一方で、故郷のチェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品も描いており、《スラヴ叙事詩》はその集大成。古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を、約6m×8mという巨大なカンヴァスに20点の連作で描いた。

    展覧会では《スラヴ叙事詩》20点をはじめ、《スラヴ叙事詩》に至るまでの作品約100点も紹介。ミュシャが抱いていた汎スラヴ主義への情熱に迫る。

    この日の報道内覧会には、展覧会の音声ガイドを務める女優の檀れいさんも来館。《スラヴ叙事詩》の大きさに圧倒されたという檀さんは、「アール・ヌーヴォーのミュシャとは違った一面を感じていただけるのでは。ミュシャが魂を込めて描いた作品を多くの方に楽しんでいただければ」と、展覧会をPRした。

    「ミュシャ展」は国立新美術館で、2017年3月8日(水)~6月5日(月)に開催。観覧料は一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円。前売りはそれぞれ200円引きで2017年3月7日(火)23:59まで発売。

    「ミュシャ展」のチケットはこちらiconicon

     国立新美術館「ミュシャ展」の取材レポートはこちら

    発信:インターネットミュージアム

    国立新美術館 施設詳細ページ
    「ミュシャ展」情報ページ
    「ミュシャ展」公式ページ
    展覧会ランキング
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと7日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと27日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと70日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと28日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと28日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    発掘された日本列島2020
    IM レポート
    IM レポート
    読者 レポート
    あべのハルカス美術館 | 大阪府
    ムーミン展 THE ART AND THE STORY
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県